ザ・タイガース 給料は安かった?!「30万円の時、三原綱木は200万」森本太郎が暴露

拡大画像を見る

 伝説のGS(グループサウンズ)バンド「ザ・タイガース」のギタリストで音楽プロデューサーの森本太郎(75)が23日、フリーアナウンサー・生島ヒロシ(70)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜・前5時)に出演した。

 このほど、GS出身者たちが集まって結成された「タイガース・メモリアル・クラブ・バンド」のコンサート(1993年9月18日、中野サンプラザホール)の模様を納めたDVD「懐かしきラブソング」を発売。

 生島から「われわれの世代にとってはザ・タイガース、すごかったですよね。下積みはあったんですか?」と質問されると、森本は「下積みないんですよ。申し訳ないんですけど‥」と正直回答。

 さらに生島から「次から次へと曲は当たるは、生活は変わるは、お給料もやっぱり良かったんですか?」と突っ込まれると、「いやぁ~、いろいろ聞いてたら、安かったみたいですね。30万円くらいもらっている時に三原綱木さん(76=ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)は『そんな安いの。僕ら200万だよ』って言ってましたからね」と苦笑いしていた。

 ちなみに、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によるとタイガースのデビュー2年目の1968年当時の大卒の初任給は3万600円だったが…。

 そのほか、ジュリーの愛称でおなじみのボーカル・沢田研二(73)は最後に加入したことや、スカウトしたのが「ロックンローラー」の内田裕也さんだったこと、干していた下着をファンに獲られたことなど、懐かしいGS時代を語り合った。

 森本は12月23日に東京・銀座のTACTでクリスマスライブを行う。

関連リンク

  • 11/23 20:25
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます