ナイツ塙、木下富美子都議で時事ネタを作るも動きにハラハラ「ちょっと待ってくれよ!」

拡大画像を見る

11月22日放送のラジオ番組『ナイツ ザ・ラジオショー』で独演会を振り返った。暴走気味な塙宣之に対応する土屋伸之の方が神経を使うため、各地で公演を終えると「土屋さん大変でしたね」と労う人が多いという。千秋楽を観たリスナーから「私は天才塙さんのファンですが、人間としては土屋さんの味方です。大変でしたね、土屋さん応援しています」とメッセージが届き、土屋が「感想おもしろいな」と和む一方で塙はリスナーの声を「その通りですから」と素直に受け止めていた。

1990年代に人気を博したバンド・たまのヒット曲『さよなら人類』(1990年)もネタにしており、土屋の家族が20日に横浜公演を観に来たところ娘は『さよなら人類』のネタで笑っていたそうだ。すぐ横の座席では、土屋の娘が笑うのを放送作家・内村宏幸氏が目を細めて見ていたという。その内村氏がTwitterで「この一年の出来事で、みんなうっすら覚えてる事を全部すくい上げて笑いに昇華してくれる。これで年が越せそうです」とつぶやけば、21日には女優の戸田恵子がブログで「ナイツ独演会。大声で笑ってきました」と綴っており、注目度の高さがうかがわれた。

ツアーの序盤では嵐の櫻井翔と相葉雅紀がW結婚発表したことをネタにして、終盤では菅田将暉と小松菜奈の結婚を「チュダマチャキが…」とネタにするなど工夫した。ところがタイムリーな話題と思って木下富美子都議の件をネタにしたところ、異変が起きて戸惑ったという。

7月4日に東京都議選で再選した木下富美子都議は、選挙期間中に衝突事故を起こしたうえ無免許運転をしていたことが発覚。9月末に都議会で2度目の辞職勧告決議を全会一致で可決したが当人は欠席。その後も10月に入り召喚状が出されてなお応じず、体調不良を理由に13日に定例会が閉会するまで欠席し続けた。

『ナイツ独演会』が幕を開けたのは10月10日なので、塙は欠席を続けて姿を見せない木下富美子都議をいじるネタを作ったという。しかし木下都議は11月9日、都議会委員会に出席するため約4か月ぶりに公の場に現れて取材に応じたのである。

22日に『ナイツ ザ・ラジオショー』で「出てこない前提で漫才を作ったら、会見で出てきちゃったから慌てた」と当時の心境を吐露した塙。「ちょっと待ってくれよ! ネタが成立しないよ」、「都議会なんてどうでもいいんだよ! 漫才の構成の方が大事」と心の声を漏らしつつ、「また休んでくれたからいいんだけどね」とひとまず胸をなで下ろしていた。

しかし木下都議は22日に記者会見を行い議員辞職を表明したので、また状況が変わった形だ。塙はすでに収録を終えたバラエティ番組がオンエアされるまでは「木下さん。出勤しないでいただければ、こっちとしては助かりますけどね」と願っていた。辞職したので議会に出席しないとしても、これからの展開が披露したネタとズレないか気になるところだろう。今後の動きを見守りながらハラハラすることになるかもしれない。

画像2、3枚目は『内村宏幸 放送作家Class第9期開講中 2021年11月20日付Twitter「ナイツ独演会を観に横浜まで行ってきた。」』『ナイツ土屋伸之 2021年11月6日付Instagram「本日は独演会大阪公演です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 11/23 19:20
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます