坂口健太郎・清野菜名『ハンオシ』最高視聴率を更新も美晴・倉科カナの異常心理に「共感できない」原作改変、悲劇の修羅場ラストも?

拡大画像を見る

 清野菜名(27)主演のドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)の第5話が11月16日に放送され、世帯平均視聴率が10.1%(ビデオリサーチの調べ/関東地区)と、2ケタ超えの好調をキープ。その一方で、視聴者から登場人物の言動に共感できないなど、批判の声が出ているようだ。

 同ドラマは雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の有生青春氏による同名コミック(通称“ハンオシ”)が原作。独身生活を謳歌している大加戸明葉(清野菜名)が、出会ったばかりの堅物イケメン・百瀬柊(坂口健太郎/30)に偽装結婚を求められるラブコメディ。

 第5話は、離婚届を残していなくなった美晴(倉科カナ/33)を、百瀬(坂口健太郎/30)は不動産屋の前で発見。「しばらくはウチにいればいい」と提案し、明葉(清野菜名)と3人で生活することに。美晴は旭(前野朋哉/35)に「(妊活をするかしないか)どっちでもいい」と言われたことが、離婚の引き金になったと明かした。

 そんな中、百瀬の母から、旭が火事でケガをして病院に運ばれたと連絡が来る。慌てて病院に行くと旭は軽症で、隣の家が火事になって取り残された猫を助けようとしたら、窓ガラスで腕をケガをしてしまったという。すると、美晴は旭の頬を叩き、「もっと自分のこと大切にしてよ」と涙ながらに訴えた。

 これをきっかけに、美晴は旭とやり直すことを決意。「私、おかげで大事なことに気づいた。私が旭くんを選んだのは、理想の家族を作るためっていうのもあったけど、それだけじゃない。私、旭くんがちゃんと好きだわ」と、幸せそうな笑顔を見せる美晴に、百瀬は複雑な表情で復縁を祝った。

■倉科カナの「魔性の女」演技に称賛の声

 また、明葉は美晴が自分の父親について、「おとなしくて自分の気持ちを伝えるのがヘタ。急にとっぴな事を言って、少し変わったところがある」と語ったことから、なんとなく百瀬に似ていると気になっていたため、彼女を見送るとき、「ちなみに、確認なんですけど」と問いかける。

 そして、「美晴さん、本当はお父さんみたいな人を好きになっていたとか? もしかして、美晴さんが好きだったのは……」と、百瀬のことを好きになっていたのではないかと、明葉が聞きたそうにモジモジしていると、美晴は「何事も白黒つけちゃダメよ」と忠告して去っていった。

 明葉は「なんだそのグレーゾーン!」「あの不敵な笑みは何?」と混乱。そこに、美晴をタクシーに乗せた百瀬が戻ってきて、明葉が「大丈夫ですか?」と気づかうと、百瀬は「美晴が笑顔でいてくれれば僕は満足ですから」「僕はこれからも遠くで見守っていくつもりですから」ときっぱり。

 百瀬の美晴への“恋愛スイッチ”が消えたと喜ぶ明葉だったが、それはただ元の不毛な恋に戻っただけであることに気づく。一方、自室でひとりになった百瀬は腕組みすると、何かを決意したように一点を見つめ、その瞳には、これまでに見せたことのない鋭さがあった。

 今回は、百瀬と明葉が美晴に振り回されっぱなしだったが、視聴者はツイッター上で「美晴の魔性っぷりは最高だった! ほがらかな悪意のなさと絶妙なイヤラシさを、見事に1人の女性として両立させてるのさすがすぎる! こういう倉科さんが見たかった!」などと、倉科の演技を称賛していた。

■原作ファンからは不満の声も

 その一方で、「最初は美晴の気持ちも分かると思ったけど、その後の行動がダメだ。柊とお兄さんと明葉の気持ちを弄んでいるように見える」などと、美晴の言動が受け入れられないという声も。さらに、「この人たち何言ってるんだろう状態なの私だけ? 登場人物の誰にも共感できない」などと、ほかの登場人物も好きになれないという声もあった。

 また、原作ファンは「設定もキャラもかなり違うよね……。私的にもう不安しかない……。今週が個人的に???が多かったから。来週どうなるんでしょう(不安)」「原作の百瀬は、ちょっと変だけど、大人としてカッコ悪い人じゃないもんなぁ。原作はファンキー、ドラマの百瀬は中学生みたいなところあるよなぁ」と、原作からの改変に不安を抱いているようだ。

 次回の予告動画によると、明葉の両親が結婚祝いに500万円を贈るため、明葉と百瀬を偽装結婚で繋いでいた借金問題にも急展開が訪れるようだ。また、百瀬が明葉に“励ましのキス”をしそうな場面もあり、ハグ以上の関係になるかもしれない。

 しかし、予測不能な行動をとる美晴が、このまま旭と元の鞘に戻るのか、今回ラストの百瀬の表情とともに気になるところ。これからの展開が読めなくなってきたが、もしかして、百瀬と明葉にとって、とんでもなくツラいラストが待っているのだろうか?(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 11/23 19:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます