入院中のちばてつやさん 看護師が「飛び降りちゃダメ!」と駆け寄る 心臓手術、喉の腫瘍治療

拡大画像を見る

 「あしたのジョー」などで知られ、心臓疾患などで入院中の漫画家・ちばてつやさん(82)が23日、自身のブログを更新。看護師さんに飛び降りようとしていると勘違いされてしまったことを明かした。

 ちばさんは夏頃から息切れの症状があり、心臓の血流の低下、喉の疾患もあったことから10月29日に入院。今月15日のブログによると、「心臓の動脈弁の手術と喉の腫瘍治療」を行い、術後は点滴や輸血をしていたという。

 23日は朝から良い天気だったことから、「病院の廊下の端っこの、いちばん日当たりのよい窓辺を見つけて日向ぼっこ」をしていたという。すると、看護師さんが驚いて「『危ないっ、飛びおりちゃダメ!!』と駆けよってきました」と飛び降りと勘違いされたことを明かし、「日向ぼっこってわかると・・・ほっとして笑って写真を撮ってくれました」と窓辺に座り、にっこり笑顔で撮影した写真を公開した。

 術後の経過については「お日様のエネルギーをたくさんもらって、ワシは日に日に元気回復です」と報告。年内の退院を目指している。

関連リンク

  • 11/23 18:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます