麒麟・川島明 NMB渋谷凪咲の大喜利に震撼「ふうすい」で笑顔消えた!

拡大画像を見る

 NMB48の渋谷凪咲が22日、TBS系「100%アピールちゃん」に出演し、大喜利力で麒麟・川島明を震撼(しんかん)させた。

 番組では、本職の芸人たちからも大喜利について高く評価されている渋谷に24時間密着。さまざまな場面で突然お題を出して、渋谷の実力をチェックした。

 エレベーターに乗れば、他の乗客から「エレベーターガールの『上に参ります』の感じで、ひどいことを言ってください」とお題。渋谷が数秒で「明日死にます」と答えると、川島は「この子、マジですごいで」とうなった。

 他のテレビ局の楽屋でメイク中にLINEで「『3匹の子豚』にサブタイトルをつけて悲しい物語にしてください」と送られれば「5匹だった3匹の子豚」とすかさず返した。差し入れを受け取るとメッセージカードに「アンミカが産まれて最初に発した言葉とは」とお題。渋谷はLINEで「ふうすい」。ここで川島は「すごいのが『ふうすい』って平仮名で言ってるとこなんですよ。(産まれて)最初なので漢字にしたら嘘つきになっちゃう」とガチで解説した。

 渋谷は24時間、48問のお題をクリアした。VTR終わりで川島は「もう途中から笑ってないですからね。脅威です。『ふうすい』って出たとこから1回も笑ってないですから」。フジテレビ系「IPPONグランプリ」の常連で優勝経験もあるつわものがしっかりライバル視していた。

関連リンク

  • 11/23 18:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます