広瀬アリス「エログロすご漫画愛」と「笑顔がぁぁぁぁァァァァ」奔放ツイッターが「仕事引き寄せ」まさかの好循環?

拡大画像を見る

 来年1月放送のAmazonプライム配信ドラマ『失恋めし』(全10話、7月から読売テレビで放送)の主演を広瀬アリス(26)が務めることが発表された。漫画家・木丸みさき氏による同名のコミックエッセーが原作で、広瀬は地元フリーペーパーで「失恋めし」という漫画連載を持つイラストレーター・キミマルミキを演じる。

「広瀬は16年に自身のカレンダー発売イベントを行った際に、付き合いたいランキング1位に『東京喰種トーキョーグール』(集英社)の主人公・金木研を挙げ、”2次元は裏切らないですからね”と話すほどのマンガ好きで知られています。漫画家を演じるのは今回が初めてですが”役柄が染みついていく感じがあり、気持ちいいなって思いながらお芝居することができました”と、コメントしています」(女性誌記者)

 広瀬といえば、最近も11月22日全国放送開始の『日清オイリオ』の新CMで生徒と教師の1人2役を演じたり、今年5月には永野芽郁(22)主演の映画『地獄の花園』で準主役を演じたりと絶好調。いい意味でクセのない女優で、昨年1月公開の映画『AI崩壊』で女刑事を演じるにあたっては髪を30cm以上カットしたり、『地獄の花園』でもいかにもなヤンキー役でバリバリなアクションをこなしたり、その女優としての実力は誰が認めるところ。

 しかし、マンガや声優に関する話題では、この売れっ子女優の雰囲気が消し飛んで、とんでもなくハイテンションになることで知られている。国民的大ヒット作品となった『鬼滅の刃』(集英社)のアニメ版(TOKYOMX)で、主人公の竈門炭治郎の声を演じた花江夏樹(30)を相手にした時の反応が、その典型だろう。

「19年3月放送の『初対面トークショー!!内村カレンの相席どうですか』(フジテレビ系)で、憧れの花江との対面を果たした広瀬は、いざ花江が登場すると、”ちょっと待って、やばい”と恥ずかしさのあまり逃げ出し、『東京喰種』のセリフ”僕に食われても仕方ないよね”を耳元でささやいてもらうと、”キャーッ!”と興奮のあまり絶叫していましたからね」(前同)

■あのケンコバもうならせた

 また、広瀬はツイッターでの文章が暴走することが多々あることでも知られており、昨年11月に花江の楽屋あいさつに行こうか悩んでいる間に花江が帰ってしまった際は《皆様。悲報です。皆様のアドバイス通り全集中したところ、次があったというのもあり…ご挨拶出来ず帰ってしまいました…。く、く、、くやしぃぃぃいい!!!》としたり、12月に『情熱大陸』(TBS系)で花江が出演した際は《癒されたぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁあ花江さまの笑顔がぁぁぁぁァァァァ明日明後日とちょっと大変だから本当に、、本当に、、ありがとうございました》と、愛が暴走していることを隠そうとするそぶりはまったくない。

「今年の7月4日から放送したアニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』(TOKYOMX)に花江が出演していますが、ヒロインの名前が“アリス”だったことから《アリス可愛いなぁー!引き続き宜しくお願いします!》と花江がツイートした結果ファンが大いに盛り上がり、実際に広瀬自身が《勝手にドキッとしたことを今ここで懺悔します。ごめんなさい》と反応していたこともありますね(笑)」(専門誌記者)

 また、近年「漫画好き」を公言する芸能人は数多いが、広瀬の場合、好きな漫画のジャンルが非常に「エログロ」に偏っており、あのケンドーコバヤシ(49)さえもうならせるレベルだという。

「17年に『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『本屋でマンガ大好き芸人』に出演した際はケンコバ、宮迫博之(51)、有吉弘行(47)の3人がそれぞれ下ネタ漫画ばかりでうんざりしてるように思わせておいて、自分が初めて買ったマンガが下ネタの極みともいえる漫☆画太郎の『珍遊記』(集英社)を挙げて驚かせたこともありますね」(前同)

 今年4月15日放送の『アメトーーク!』の『マンガ大好き芸人』に出演した際も、「読み終わってスッキリしない、後味の悪い漫画が好き」としたうえで、多くのえげつない作品をPRし、目の肥えていたはずのケンコバらマンガ大好き芸人さえもドン引きさせていた。

■ついに漫画配信サービスのCMにも抜擢

「たとえば『復讐の未亡人』(双葉社)という、夫をパワハラで追い詰めて自殺に追いやった上司や関係者らを1人ずつ、さまざまな方法で殺害したり、それ以上に酷い目に合わせるという作品。極端な血みどろなどのグロテスクさはありませんが、精神的に来るものがある作品を“女の悪い部分がいっぱい。ドロッドロの悪い部分を出しながら復讐するんですが、何か美しいんです……すべてが”と、実に熱のこもった表情で話していましたね」(前出の専門誌記者)

 そのほか『アメトーーク』では、『リバーシブルマン』(日本文芸社)という漫画を紹介する際に、

「ホッチキスで止めてあるんですね、身体中が」

「そのホッチキスから、こう、手をガッって入れて、ブチブチブチィって銃をとって、メッチャ殺していくっていう……」

 と、広瀬はジェスチャーをしながら作品の魅力を解説。

「そうです。銃が入ってるんです身体の中に……どうですか!?」

 と、なぜか嬉しそうに語る、迫力に満ちた表情の広瀬に一同はドン引き。蛍原の「今日、客入れじゃなくて良かった!」という発言に、全員が賛同する形になってしまった。

「今年1月からは漫画配信サービス『まんが王国』のCMにも出演しており、趣味が仕事に生きています。昨年12月に行われたCM発表会では“出会いですね。書店に行って、表紙、裏表紙、帯を見て決める。前情報を持っていかない”とポリシーを明かしているほか、改めて王子様ランキング不動の1位は相も変わらず『東京喰種』の金木研だと変わらぬ愛を語っていました。

 理由も、“モヤモヤした消化しきれない気持ちが好き”と相変わらずブレません(笑)」(前同)

 漫画配信サービスのCMの次は、漫画家の役で主演ドラマ。ブレない漫画愛が、仕事を引き寄せたのかもしれないーー。

関連リンク

  • 11/23 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます