雪肌精「SAVE the BLUE」が冬期のキャンペーンを開始

拡大画像を見る

東北の森林保護にスキンケアブランド『雪肌精』が、2021年12月1日から2022年1月31日までを冬のキャンペーン期間とし、雪肌精「SAVE the BLUE」プロジェクトを展開すると発表しました。

このプロジェクトは自然保護活動に寄附する支援活動や、地球の環境保全に対する関心を高め、理解を深める啓発活動に取り組むものです。

期間中は売上の一部をNPO 法人「森は海の恋人」へ植樹費用として寄附し、東北の森林を守る活動に役立てます。

地球と共に美しく2009年夏期より、沖縄のサンゴ育成活動への寄附を行うプロジェクトとしてスタートした雪肌精「SAVE the BLUE」プロジェクトは、2018年から冬期に東北地方での森林保全活動をスタートしています。

その活動は日本国内にとどまらず、9つの国と地域でも展開され、13年目を迎える今年、夏のキャンペーンにおけるサンゴの累計植え付け本数が19,005本を達成しました。

キャンペーン期間中、一部商品を除く「雪肌精 シリーズ ローション」を購入することで、売上の一部が植樹費用として寄附され、東北エリアに森が広がっていくことになります。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※雪肌精SAVE the BLUE Webサイト
https://sekkisei.jp/site/p/savetheblue.aspx


  • 11/23 16:00
  • WomanSmartLife

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます