【浦和記念結果】メイショウカズサが逃げ切って重賞連勝!地元のタービランスが2着

拡大画像を見る

 23日、浦和競馬場で行われた第42回浦和記念(3歳上・JpnII・ダ2000m・1着賞金3500万円)は、先手を取った川田将雅騎手騎乗の1番人気メイショウカズサ(牡4、栗東・安達昭夫厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、道中5番手追走から追い込んだ3番人気タービランス(牡8、浦和・水野貴史厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分7秒3(重)。

 さらに1/2馬身差の3着に5番人気ヴェルテックス(牡4、栗東・吉岡辰弥厩舎)が入った。なお、2番人気ウェスタールンド(セ9、栗東・佐々木晶三厩舎)は4着に終わった。

 勝ったメイショウカズサは、父カジノドライヴ、母プレシャスエルフ、その父コロナドズクエストという血統。初の左回りを問題なくこなして、7月のプロキオンS、前走9月の白山大賞典に続く重賞3勝目を飾った。

関連リンク

  • 11/23 15:31
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます