フレッシュハーブを製氷皿で保存する方法が超便利! ハーブとオイルを冷凍庫で固めるだけ&料理にも簡単に使えます

拡大画像を見る


お料理に華を添えてくれる、フレッシュハーブ。

少量しか使わないレシピも多いから、せっかく買ってきても、全部使い切れないよ〜!!

私の場合、使い切れない分は濡らしたキッチンタオルに包んで冷蔵庫で保存、もしくは冷凍庫でハーブ氷にしているのですが……ほかにも長持ちさせる方法ってないのかな?

インスタグラムを見ていたら「ハーブをオイル漬けにして製氷皿で凍らせる」というアイデアが。これなら簡単だし、すぐにできそう!

でも、オイルって凍るのかしら……? 気になったので、まずは試してみることにしました♪

【用意するもの】

今回ご紹介するのは、環境に配慮したナチュラルな生活雑貨を販売するオーストラリアのブランド「Seed & Sprout」が、公式インスタグラムで紹介している保存方法です。

用意するものは、

・お好きなハーブ(今回はディル)
・オリーブオイル
・製氷皿

の3点。これに加えて、ハーブの水分を拭き取るための布巾やキッチンタオルがあると◎です!

【めっちゃカンタンにできました!】

洗って水分を拭き取ったハーブの葉を茎から外し、製氷皿に並べます。

ひとつのキューブにたくさんのディルを入れることができたため、5本用意したディルで作れたのは6つでした。

ディルの上からオリーブオイルを注ぎ、完全に凍るまで冷凍庫で寝かせたら完成。

凍ったオイルはお皿に移したそばから、ものすごいスピードで溶けていきます

加熱をしなくても冬場の部屋に20〜30分ほど置いておくだけでもきれいに溶けました。

製氷皿からタッパーまたは冷凍保冷バッグなどに移し替えて保存する場合は、素早く作業することをおすすめします。特に夏場は要注意です!

【凍らせたハーブの使い方】

凍らせたハーブが溶けると、オイルとハーブにきれいに分かれます。まるでフレーバーオイルのよう!

フライパンに入れて加熱することで、炒め物などに活用できます。


室温で溶かした場合は、バルサミコ酢、塩、コショウまたはマスタードを加えて、ハーブ風味のドレッシングなんかにしてもよさそう♪

【覚えておくと便利なライフハックです☆】

オイルを凍らせたのは初めてだったのですが、一晩寝かせたらしっかりと固まりました。また、解凍後のディルは香りもよく、新鮮な状態のまま保存されていると感じました

またこのハーブをオイルで凍らせる方法は、使うハーブにもよると思いました。

ミントやローズゼラニウムなど、主に紅茶やスイーツの材料に使うハーブは、オイルではなく水で凍らせるほうが使い勝手が良さそうです。

とはいえ、覚えておいて損のないライフハック。次回は我が家で余りがちな、生唐辛子やショウガなどのスパイスで試してみようと思います!

参照元:Instagram @seedandsproutco
撮影・執筆:sweetsholic
Photo:(c)Pouch

関連リンク

  • 11/23 11:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます