JO1 リーダーズ3人で『CanCam』カムバック、クロストークに“沼深ケミ”注意

拡大画像を見る

2019年、 オーディション番組の『PRODUCE 101 JAPAN』を勝ち抜いた11名で結成された大人気グローバルボーイズグループ・JO1。


12月15日(水)には5THシングル『WANDERING』もリリース予定で、 ファンの期待も高まっている。 その人気は『CanCam』(小学館)でもそのままに、 10月号の「るきたく(川西拓実さん×白岩瑠姫さん)」特集は大好評。 読者の期待に応え、 1月号ではメンバーを変えて『CanCam』にカムバックした。


今回ご登場するのは、 チームを支え引っ張る「JO1リーダーズ」の3人。 グループリーダー・與那城奨、 パフォーマンスリーダー・川尻蓮、 ボーカルリーダー・河野純喜。

頼りがいのあるリーダーズにまず着てもらったのは、 大人っぽいセットアップ。 それぞれ異なるカラーのセットアップをさらりと着こなしてくれた。 もう1コーデではガラリとテイストをチェンジして、 お得意のストリートファッションで、 冬ならではのクールなスタイルを披露。


ソロインタビューでは、 それぞれの個性がキラリ。 たとえば、 沖縄出身のグループリーダー・與那城は「カバーしてみたい曲は?」という質問に、 「『わらびがみ童神』という沖縄民謡」という答え。 「沖縄を背負っていこうという思いも込めて!」と、 故郷愛をみせてくれた。ちなみに、 撮影日の前日は與那城の誕生日。 撮影終了後ささやかながらケーキをプレゼントしたところとても喜んでくれ、 ひとりでほぼ丸々1コ食べてくれた♡


どの組み合わせも、 知れば知るほど魅力的。 特集後半は、 そんな化学反応を起こしてくれる3人横並びのクロストークと、 ユニットインタビュー。

クロストークでは、 「#リーダーズが語る、 ボクらのコト。 」というテーマで、 グループについて深掘り質問。 「JO1自慢をしてください!」への「もうねぇ、 仲いい!仲いいっすね!」(河野)の言葉の通り、 メンバーの絆を強く感じるインタビューに。 今回ご登場いただいた3人以外のメンバーの名前もたくさん出てきたのが、 印象的だった。 その他、 JAM(JO1ファンの通称)やNEWシングル『WANDERING』について、 リーダーズならではの苦労話など、 深掘り質問が盛りだくさん。 ここでは書き切れないほど熱く思いの丈を語ってくれている。 好評発売中の『CanCam』1月号特別版で、 ぜひ続きをチェックしてほしい♡


関連リンク

  • 11/23 13:20
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます