残業代は払わないのに社長はセルシオで出勤 ブラック警備会社の思い出

拡大画像を見る

技能工・設備関係の仕事をする40代男性からブラック企業の経験談が寄せられた。もう20年前の話だが、当時は今と比べて「嘘がまかり通る時代でかなりブラックだった」と振り返る。(文:林加奈)

※キャリコネニュースではブラック企業体験談を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/HQI6E1OV

「週休2日」のはずなのに

男性は当時まだ20代前半、入社後1週間程度で市の美術館に現場実習に出た。その後配属された営業所でブラックな現実を目の当たりにした。

「営業所勤務の定時は朝7時から16時なのですが、管制業務だったので16時に帰れることはまずありません。閑散期さえ2時間半から3時間残業は当たり前で、これが繁忙期になると毎日4~5時間残業は当たり前だそうです。残業代は出ません」

毎日4~5時間のサービス残業はひどい。

男性は就職セミナーの時に週休2日制と冊子に書かれていたため週に2日休んだところ、常務から電話があったという。

「『月に22日以上働かないといけないと、労働基準法で決まっている』と言われ、当時20歳だった私はすっかり『そうなんだ』と思い込んでしまいました。それが嘘だと知ったのは転職した後でした」

社長は運転手付きセルシオで出勤

男性が営業所に配属された2週間後、所長の交代があった。不幸にも新しく来た所長が「本社で新人教育をしている時によく怒鳴っていた人」だったという。

「ちょっとしたミスや気に入らないことがあるとすぐに怒鳴り始め、自分が八つ当たりの標的になってしまい、ストレスと我慢の限界でちょうど4か月で退職しました」と振り返った。

男性によると、残業代や休日出勤の割増賃金、あるはずだったボーナスも支払ってもらえなかったという。それにもかかわらず、社長は運転手付きのセルシオで出勤し、会社の経費を使ってプライベートで旅行に行っていたとも明かしている。

男性は「さっさと見切りをつけてよかったです」と語っていた。

関連リンク

  • 11/23 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます