フィロのス[イベントレポート]サプライズで「サンフラワー」熱唱!前田佳織里、陶山恵実里ら出演 映画『フラ・フラダンス』公開直前イベント

フィロソフィーのダンスが主題歌を担当しているオリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』が 12月3日(金)に公開となる。公開に先駆け、11月22日(月) に有楽町朝日ホールにて公開直前イベントが開催された。イベントには声優を務めた前田佳織里、陶山恵実里、そして総監督の水島精二が登壇。さらにフィロソフィーのダンスもサプライズで登壇し主題歌「サンフラワー」を披露した。到着したオフィシャルレポートをお届けしよう。

前田が“みなさん、アロ〜ハ〜!電車に乗っていると、広告をたくさん見かけたり、Twitterで感想を見たりして、フラの輪が広がっているのを感じています。公開までもっと盛り上げられるように頑張っていきます!”と、陶山が“みなさん、アロ〜ハ〜!色々なところでCMを拝見して、公開されるんだ、と感慨深い気持です。今日は生憎の雨ですが、この作品を見た後には心に太陽が宿ると思いますので、楽しんでいただければと思います!”と、水島総監督が“みなさん、アロ〜ハ〜!私まで付き合っていただきありがとうございます(笑)完成してから公開までがこんなに長いのは初めてで、、あと2週間で皆さんに見て頂けるということで本当にドキドキしています。この作品は、いわき市を舞台にしたお仕事青春ストーリーです。自画自賛ですが、よくできたと思っています!楽しんで頂けたら、温かい気持ちになって頂けたらと思います。”とそれぞれアロハポーズで話し、イベントはスタートした。

ハワイ出身でフラガールにあこがれて来日したオハナ、ダンスの腕は確かなのに笑顔が苦手なしおん、それぞれの役柄と自身との似ているところを尋ねられると、“オハナちゃんは思い切りが良くて、いい意味でマイペースなところがあって、周りからオハナにぴったりと仰っていただきましたね。総監督からも、オハナのグイグイ行くような、思い切りの良さが似ているって言って頂きました。オーディションのときに“オハナの外国育ちの伸び伸びとしたところを大切に”と言われて、自分の中で最初に思い描いていたキャラクター像とは違ったのですが、自分の中の最大限の自由さを全部ぶつけました!”と話す前田。

“プロフィールには“おっとりした”と書いてあるのですが、それほどでもなかったね(笑)”と水島総監督も振り返ると、“おっとりというパッションですよね!“と自身のキャラクターを分析する。水島監督も“オーディション時からパッションが強かったよね!”と太鼓判の前田の役づくりを明かした。

陶山も“私も完全に一致でした。台本を読んだり、キャラクターを見させていただいた時から、鏡を見ているような印象のキャラクターでした。(しおん と)同じことに共感したり、私も人前でお話しすることが苦手なのですが、昔はもっと苦手で、本当に大変だったんですよね。(笑)”と話す。

そんな陶山に、水島総監督は“陶山さんはずっと前から知っているので、しおんに向いていると最初から思っていました。頑張っているところも、しおんっぽいなって思っています。演じてもらってぴったりだし、これからも楽しみな役者さんです!”と大絶賛。

“演じている本人とキャラクターが似ていると思っていたのですが、この2人は特に似ていますね。お芝居に関しては皆さんにお任せして、リラックスしてやってもらえればいい芝居ができる方達だったので、サクサク録れましたね。”とスムーズな舞台裏を明かす総監督。

“私も収録のときに学んだ、台本に書いてあるメモを大変な仕事の前に見返して、今でも勇気もらっています。成長させて頂けた場でした。”と前田が話すと、“僕としてもやった甲斐がありますね。”と水島総監督。抜群のチームワークをのぞかせた。

ハワイアンズやいわき市に実施に取材した水島総監督は“ご当地ものでもある作品だったので、実際に行ったことがある人が“ここ!ここ!“と思ってくれる部分が無いと、意味が無いと思っていたので、写真もたくさん撮りましたし、個人でもロケハンに行って、きちんと再現しました。”とロケハンを振り返る。

ハワイアンズで実際にやってみたいことを尋ねられると、前田が“ファイヤーダンスの写真を見て、“熱くないかな?”と思っています(笑)直接見たいですね!“と、陶山が“ショーはもちろん見たいですし、プールやサウナやビックアロハというスライダーに乗ってみたいなとも思っています。自分の中で色々考えたら、1週間くらい滞在したいなと思いました(笑)”とそれぞれ答えると、“1週間も!でもホテルもあるのでいいですよ!ウロウロしているだけでも楽しいですよ。ショーやっているところが常夏で暑くて、冷たいドリンクも美味しいし、最高ですよ!“とハワイアンズ広報のように合いの手を入れる監督に会場からは笑いが起きた。

また、劇中に登場するアイドルグループ「いついろディライト!!」が歌う挿入歌「ありがとFOR YOU」を福原、美山、富田とともに歌い上げた感想を尋ねられると、前田が“オハナを演じる前に、いついろディライト!!のレコーディングをやらせていただいて、仮歌をずっと聞きながら仕事に行ったりしていましたね。“と、陶山が“すごい元気が出る楽曲だなと思って、デモテープをたくさん聞きました。玉屋100%さんが作曲した楽曲を自分が歌えたことが嬉しかったです。ステージのモーションキャプチャーを私が所属していた虹のコンキスタドールというアイドルグループのメンバーが担当してくれて、離れたのに、こうして一緒にやれて、“声と体で融合できた”のが個人的にとても嬉しかったですし、色々な思いが詰まった楽曲となっています。”と話した。

さらに水島総監督も“虹コンの子達、Yumiko先生、玉屋2060%さん、と自分が信頼しているスタッフがやってくれて、期待通りのものをあげてくれたので、“俺得”以外の何ものでもないです!(笑)ロゴとかキャラクターの造形もアイドル好きには色々刺さるものになっています!”とシーンを力説。

また、失敗続きで「残念な新人」と言われてしまった5人が自分たちだけにしかできないフラを目指して奮闘する物語であることから、最近した大きな失敗を聞かれると、“Twitterにも今日投稿したのですが、いつも持ち歩いている消毒液を今朝詰め替えたんですが、取り出そうとしたら鞄からマキロン出てきて(笑)間違ってはないんですが、近からず遠からず、頼もしい気持ちにはなりました。(笑)“と前田が、“オニキスの指輪が好きなのですが、買ったのに失くしてしまったんですね。探して買ったんですが、また失くししてしまって、また買ったんですが、それも失くしてしまって、その指輪がピンポイントでなくなっちゃうんですよね。(笑)”と陶山が、“手が乾燥する時期にハンドクリームを買うんですが、いつもは安いやつを買うのに、お高いやつを買いまして、鞄に入れて放置していたら、クリームがぶちまけられていて、色々なものについてしまっていました。1回しか使ってなかったんですけどね。”と水島総監督がそれぞれ答え、会場を盛り上げた。

最後に“楽しんでもらえたらと心から思っています!108分お楽しみください!”と水島総監督が観客に話し、上映前のトークは終了した。

本編上映終了後、エンドロールが流れるとサプライズで登場したフィロソフィーのダンス。主題歌「サンフラワー」を歌い上げると、観客からは盛大な拍手が起こった。“本当に素晴らしいサプライズですよね!ウルっときました。”と早速、水島総監督が話す。

エンドロールでのパフォーマンスを“幸せな気持ちでいっぱいです。みなさん映画を見て胸いっぱいの状態だと思うのですが、そんな中歌わせて頂けて、私たちが一番幸せなんじゃないかという気持ちです。”と振り返る十束おとは。

舞台袖で歌唱を聴いていた陶山も“元々フィロソフィーのダンスさんがすごく好きだったので、この作品で主題歌を歌ってくださったのが嬉しかったので、試写を見終わって、「サンフラワー」が流れてきて、涙腺が決壊しました。今日、生で見ることができて、興奮しちゃって、圧巻でした!”と気持ちが昂っている様子。

水島総監督も“こうやってフィロソフィーのダンスとお仕事できるのはすごく嬉しいですして、提供してくださった曲が歌詞から曲からパーフェクトで、幸せなコラボができるとは“監督冥利”に尽きます。1億点です!!”と大絶賛。そんな監督の言葉に会場からは拍手が起きる。

日向ハルが“この作品はフラガール同じ目標に向かって絆を深めていく話で、私たちフィロソフィーのダンスもバラバラの環境にいて、オーディションで集まったので、同じ目標に向かっていくところが作品と共鳴しているんです。なので、その時の気持ちだったり、みなさんの家族やお友達を思い浮かべた時にほっと心が温まるような、力添えができるような曲になるといいなと思って、今日披露しました。”と楽曲に込めた気持ちを明かした。

水島総監督も“見てくれる人に寄り添えるような映画を作りたいと思って作ったので、実際に作っている最中で、役者、フィロソフィーのダンスのみなさんに共鳴して頂けるのはよかったな、とスタッフ一同ホッとしています。タイトル「サンフラワー」と書いてあった時点で“獲りに来てるな!”と思いましたし、作詞も素晴らしいし、歌唱も散々聴いてきたみなさんの力を感じて、最高でした!一億点越えです!”と、ここでも大絶賛。

その言葉を聞いて、佐藤まりあは“嬉しいですし、監督から1億点の高評価をいただけて、私たちの初めての映画主題歌で、「サンフラワー」を『フラ・フラダンス』の主題歌にしていただけて本当に嬉しいです!公開まであと少しということで、この楽曲で盛り上げていけたらなと思っています。”とコメント。

奥津マリリも“映画の中でも“乗り越えてきたんだ”というセリフがあるように、この曲も乗り越える力に、一歩踏み出せるような力になっていたらな、と思っています。”と、それぞれ気持ちを話した。

最後に“主題歌のサンフラワーは配信されていますので、速攻DLしてください!僕もヘビロテしています。映画も、もし良かったなと思ったら、ネタバレせずにSNSでつぶやいて応援してくださると嬉しいです。また、劇場に足を運んで頂けたら嬉しいです。ありがとうございました!”と水島総監督が話し、イベントは幕を閉じた。

なお、本作より新PVも解禁。本日23日には山田裕貴演じる“平和人篇”、25日にフジテレビ系で放送の「ノイタミナ」放送中のCMで“新人フラガール篇”が映画公式にて公開予定だ。

映画『フラ・フラダンス』
12月3日より全国ロードショー

出演:
福原 遥
美山加恋 富田望生 前田佳織里 陶山恵実里
早見沙織 相沢梨紗 上坂すみれ 東山奈央
三木眞一郎 中村繪里子 奥野香耶 本泉莉奈 木村 昴
山田裕貴 / ディーン・フジオカ
総監督:水島精二 監督:綿田慎也 脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:やぐちひろこ 音楽:大島ミチル 制作:BN Pictures
主題歌:「サンフラワー」フィロソフィーのダンス(ソニー・ミュージックレーベルズ)

関連リンク

『フラ・フラダンス』オフィシャルサイト

フィロソフィーのダンス「サンフラワー」初回生産限定盤(CD+BD)

発売日:2021年12月1日(水)
SRCL-11970~11971 ¥6,500

【CD収録内容】
01.サンフラワー
02.ジョニーウォーカー
03.二人のエクリチュール
04.気分上々↑↑

【BD収録内容】
<Dance with Me TOUR 2021> at Zepp Haneda(TOKYO)2021.07.04
01:ウェイク・アップ・ダンス
02:ダンス・オア・ダンス
03:ダンス・ファウンダー
04:スーパーヴィーニエンス
05:テレフォニズム
06:夏のクオリア
07:カップラーメン・プログラム
08:イッツ・マイ・ターン
09:バイタル・テンプテーション
10:フリー・ユア・フェスタ
11:ミスティック・ラバー
12:なんで?
13:ヒューリスティック・シティ
14:フォーカス
15:すききらいアンチノミー
16:ニュー・アタラクシア
17:ライブ・ライフ
18:オプティミスティック・ラブ
19:ドント・ストップ・ザ・ダンス
En1:ダブル・スタンダード
En2:シスター

※スペシャルボックス仕様
※副音声にメンバーによるオーディオコメンタリー収録
※オリジナル・ステッカー封入
※撮り下ろし写真で構成された豪華フォトブック付き

フィロソフィーのダンス「サンフラワー」通常盤(CDのみ)

発売日:2021年12月1日(水)
SRCL-11972 ¥1,250

【CD収録内容】
01.サンフラワー
02.ジョニーウォーカー
03.二人のエクリチュール
04.気分上々↑↑

フィロソフィーのダンス「サンフラワー」期間生産限定盤(CD+BD)

発売日:2021年12月1日(水)
SRCL-11973~11974 ¥2,400
※アニメ盤・デジパック仕様

【CD収録内容】
01.サンフラワー
02.ジョニーウォーカー
03.二人のエクリチュール
04.気分上々↑↑

【BD収録内容】
「サンフラワー」Music Video
「サンフラワー」Music Video Making Movie

©BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

関連リンク

「サンフラワー」予約ページフィロソフィーのダンス公式サイトフィロソフィーのダンス公式Twitterフィロソフィーのダンス公式Instagramオフィシャルファンクラブ『Color Me Funk』サイト

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/23 11:17
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます