ティモンディでさえ29歳!元芸人「若手は体を張るルートを狙えば売れる!?」

拡大画像を見る

 11月16日に放送されたロンドンハーツ『密室検証・こんな2人を飲ませたら…』(テレビ朝日)を見ていた時にふと気になった話がある。

 ブラマヨの小杉さんと元U-turnの土田さんが飲みながら昔のお笑いを語っていた回で、土田さんが「自分が『爆笑ボキャブラ天国』(フジテレビ)に出ていたのは24歳の頃」と言っていた。今のお笑い芸人からすると相当早くテレビに出ている感じがするが、当時、若くしてテレビに出ていた芸人は少なくない。

 僕もテレビ朝日で放送されていた『完売劇場』という深夜のバラエティ番組に24歳でレギュラーとなり、翌年25歳でフジテレビの『感じるジャッカル』というコント番組へもレギュラー出演を果たした。ここまで聞くと完全に僕の自慢話になっているが、何を言いたいかというと、当時は20代そこそこの若手芸人が普通にテレビに出ていたのだ。

 それに比べて今の“若手芸人”の、平均年齢は確実に上がっている。

 このコラムを読んでいる皆さんが見ているようなテレビに出ている若手だけではなく、まったく無名でライブでネタをやっているような芸人もかなり年齢層が高くなっているのだ。

 たまに最近の若手は楽屋で健康についての話ばかりしていると笑い話として語られるが、本来これは深刻な問題で笑えるような話ではないのだ。何が深刻かというと…と、その前にまずは芸人がどのようなルートを辿ってテレビに出るようになるかを説明したい。

ステップ1:芸人になる為には。

 今どきのスタンダードは芸能事務所の養成所に入るという方法。これは養成所を卒業すれば所属出来る可能性が高く、かなり楽なルートだ。ただお金がかかる。お金をかけずに芸人になるには、養成所を持たない芸能事務所が行っている定期ライブのオーディションに片っ端から、参加するという方法。これも気に入ってもらえればお金をかけずに芸人になれる。

ステップ2:上下左右の関係を作る。

 先輩後輩、他事務所の芸人との交流するということ。これがなかなか難しい。横の繋がりを出来る芸人は多いのだが、先輩との付き合いを上手くできる芸人は少ない。ただ間違いなくテレビに出ている芸人は先輩に可愛がられている。なので絶対に必要。僕もこれが上手くできなくて悩んだ時期があった。これが上手くいくとライブなどでMCにいじってもらえたり、話しを振ってもらえたりするのでお客さんがファンになってくれる可能性が高くなる。

ステップ3:ライブで目立つとマネージャーの目にとまる。

 ライブで確実に笑いをとったり、ファンが多いという噂になるとマネージャーの目にとまり、テレビのオーディションに参加できるようになるのだ。オーディションを受ける芸人が多ければそれだけ受かる可能性が高いから事務所としてはどんな芸人でも参加させたいと思うところだが、最近はテレビ局側から人数制限をかけられることがあるらしい。なので制限がかけられたときに目立っていたほうが有利なのだ。なのでライブである程度実力を見せていかなければならない。

ステップ4:オーディションに受かってテレビ番組に出演する。

 これは言わずもがな。テレビ番組に出演し、運を味方に出来れば売れっ子まっしぐらになる。売れっ子にならなくとも「あれ? なんかの番組で見たことあるな」程度にさえなってしまえば、それだけ場数を踏んでいるという事なのでM-1などの賞レースに出たときには場数の差で勝つ可能性が高くなる。

 簡単に言うとこのシステムなのだが……なんと! このシステム以外の売れるルートを見つけたのだ!

 今の時代、ステップ2から3には山ほど芸人がいる。ライブシーンでは確実に笑いがとれる芸人が腐るほどいるのだ。

 昔は芸人の絶対数が少なく、どのライブでも確実に笑いがとれる芸人というのもそう多くは無かった。テレビのオーディションに参加できる芸人の顔ぶれもほぼ同じだったので、意外とすんなりステップ4に行けたのだ。

 ただ今は、ステップ3から4へのルートが異常なほど狭い。そのせいで、昔ならステップ4にいるはずの芸人がステップ3で留まっている。つまりテレビに出る直前にいる芸人の平均年齢もかなり上がっているのだ。

 ライブシーンで目立っている芸人のほとんどは、20代後半から30代。40代の大台に乗っている芸人も少なくない。芸人としての経験値が多い分、ネタやトークのスキルはもちろん高い……だがしかし! 彼らはもう若くない。テレビに出演している中堅どころ同様、体にガタが来ている者、妻子持ちで無理できない者が多数存在するのだ。

 そうなるとテレビ局が欲しい芸人は少しくらい無茶しても体が壊れない頑丈な若者だ。ここ最近、運動系の番組に必ずと言っていいほど呼ばれているティモンディでさえ29歳という年齢。二人ともアラサーなのだ。つまりあと10年もしないうちに体にガタが来る。

 今から芸人を目指している若者、そして芸人になりたての諸君!

 ネタやトークも大事だが、健康的で頑丈な体、さらに少しくらいの無茶もこなす力量と度胸も同じくらい大事ということだ。もし目標にしている芸人がいるなら、その人が売れた年齢よりも早く若くテレビで活躍することを目標にしよう。若いというだけで必要とされるシーンが必ずあるはずだ。

 さあ今すぐに大手事務所のマネージャーの前へ行き、怖がらずに逆立ちをするのだ。そうすれば手っ取り早くテレビへの道が拓くだろう。

 もちろん自己責任でお願いします。

  • 11/23 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます