壮絶自動車事故から9か月、タイガー・ウッズが再びグリーンに! 軽快なスイング披露

拡大画像を見る

プロゴルファーのタイガー・ウッズがロサンゼルス近郊で横転事故を起こしたのは、今年2月23日のことだった。制限速度72キロ(45マイル)の急勾配の車道をその約2倍にあたる135~140キロ(84~87マイル)で走行中だったタイガーは、曲線道路でカーブを曲がりきれず時速約120キロ(75マイル)で木に激突した。

この事故で右脚の脛骨および腓骨の開放骨折(骨折した部分の骨が体外に露出した状態)などに見舞われたタイガー、テレビやネット上で公開された事故直後の現場映像がかなり衝撃的だったため「プロとしての復帰は難しいのではないか?」と囁かれていたが、およそ3週間の入院生活を経てフロリダの自宅へと帰宅後は、そんな噂を打ち消すかのように度々自身のSNS上で順調な回復ぶりをファンに報告してきている。

そのタイガーが現地時間21日に再びSNSを更新、ゴルフ場でスイングを練習する自身の姿を映した動画をアップした。「進歩しているよ」と言葉を添えたこの動画には、白いキャップ&シャツに黒の短パンを合わせた爽やかスタイルのタイガーの姿がある。リハビリ中の右脚には黒いサポーターを着用しているものの、軽快にクラブを振り上げ、小気味良い打撃音を響かせる雄姿からは“レジェンド”の風格が漂っている。わずか3秒の動画ではあるものの事故後初のゴルフ場での練習風景を映したものだったことから、ツイートから24時間以内に680万回超もの再生回数を記録した。

このたびの投稿には、プロゴルファーのリッキー・ファウラーが

「素晴らしいスイング… その“戦車”には、まだまだたっぷり余力あり!」

と激励のコメントを寄せたほか、俳優兼コメディアンのデヴィッド・スペードが

「もしレッスンが必要ならお電話を」

とジョークを交えながら友人のゴルフ場復帰を喜んだ。タイガーのファンからは

「お帰り!」
「この瞬間をずっと待ってた!」

とクラブを振るタイガーの姿に歓喜する声や、

「2022年はカムバックの年となるか?」
「“G.O.A.T.”(Greatest Of All Time―“史上最高”の意味で使われる略語)が再びやってくれそうな予感」

などと“ゴルフアイコン”の戦場復帰を期待する声が相次いで寄せられた。

過去にも度々怪我に泣かされてきたタイガーだが、このたびの自動車事故による負傷は「これまでとは全く別物」であり、「今までのどんな怪我よりも辛かった」と『Golf Digest』のインタビューで本音を明かしていた。そんなタイガーがゴルフ場で練習に打ち込む姿は、ゴルフファンだけでなく多くの人々に元気を届けたことだろう。

画像は『Tiger Woods 2021年1月12日付Instagram「Now when you play a round at @popstroke you can play with a @bridgestonegolf ball like I do.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 11/23 10:38
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます