既読スルーされて気まずい!相手の男性に会ったときの対処9パターン

気になる男性にLINEを送ったのに、既読スルーされてしまうと、内心穏やかではいられないもの。その後バッタリ会ってしまったら、どんな態度をとるのが無難なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「既読スルーされて気まずい!相手の男性に会ったときの対処」についてご紹介します。

【1】既読スルーには触れず「おはよー」と普通に挨拶する
「返してないのが気になってたので、何気ないあいさつがうれしかった」(10代男性)というように、普段と変わらない態度で気まずさを解消したケースです。既読スルーに深い意味がなかった場合、いつものやりとりが自然に復活するかもしれません。

【2】「返しにくかった?ごめんね(笑)」と笑い飛ばす
「どう返そうか迷っていたところだったので、『考えすぎちゃった』と素直に言えた」(20代男性)というように、あえて真っ向から切り込むことで、相手の本音が聞けることもありそうです。「何か気になることでもあった?」と具体的に聞き出してみてもいいでしょう。

【3】「忘れてたでしょ!」と明るくツッコむ
「正面から指摘されると重いので、あくまで明るく言ってほしい」(20代男性)というように、軽くツッコまれるのであれば、気楽に応じられるという男性もいます。ここは丁寧に接するよりも砕けた口調で迫ったほうが、嫌なムードを招かずに済みそうです。

【4】「返事がなくて寂しかったよ」とすねる
「鈍すぎたかな、とちょっと反省した」(10代男性)というように、相手との関係次第では、いっそ寂しさをアピールする手もあります。重く受け取られる可能性もあるので、「急ぎの用事じゃなかったけどね」と付け加えてバランスを取ってもいいでしょう。

【5】「そういえば、この前のLINE読んだ?」と話のついでに聞く
「うっかり返し忘れていたから、いいリマインドになった」(20代男性)というように、それとない確認が功を奏すパターンです。前のめりすぎるのを見透かされても、変な空気になってしまうので、あくまでさりげなく聞くのが無難でしょう。

【6】「あれ、無視した?」とストレートに聞く
「回りくどく言われるより、『ごめん!忘れてた』と返しやすいかも」(10代男性)というように、単刀直入な言い方が好まれることもあります。問い詰めず、「また返事待ってるからね」とつなげたほうが相手の負担になりにくいでしょう。

【7】「最近忙しい?何かあった?」と心配する
「心配されていると思うと、既読スルーを責められている気にならない」(10代男性)というように、一言前置きすることで与える印象もガラリと変わるようです。その後のLINEにも「一段落したらでいいからね」と添えると気遣いを見せられるでしょう。

【8】「もう送らないからね!」とかわいく怒る
「かわいく甘えられたら『やっべ…』と善処したくなる(笑)」(20代男性)というように、女子力全開でプンプンしてみせるのもよさそうです。ただし、キャラに合わないと不気味に映ってしまうので、自分のタイプを見極める必要はありそうです。

【9】「またスルーしただろー!」とタメ口で切り出す
「会いづらいと思っていたので、『そろそろ送るつもりだったんだよ』と笑いながらごまかせたことにホッとしました」(10代男性)というように、軽いノリで突くのも相手を気楽にさせるでしょう。「返事する時間ぐらいあったんじゃね?」などと詰問調になってしまうと逆効果になるので、トゲのある言い方だけは避けたいところです。

平然と既読スルーをする男性でも、多少の気まずさは感じているものです。引け目を感じさせないよう、あの手この手で対応していくと、普段の関係を取り戻せるのかもしれません。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/23 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます