テレビ番組の企画で誕生した京のおそうざいを存分に使った「宮本カレー」! 道玄坂で12月19日まで

拡大画像を見る

 アークランドサービスホールディングスの子会社であるフィルドテーブルは、ポップアップストアとして営業している、京のおそうざいを食べるカレー専門店「宮本カレー」(東京都渋谷区)の開催期間を、12月19日まで延長する。
 

 宮本カレーは、「坂上&指原のつぶれない店」(TBS)の立て直し企画をきっかけに誕生した、ランチタイムに1日50食限定で営業する“京のおそうざいを食べるカレー専門店”。
 ポップアップストアは、当初1カ月の期間限定を予定していたが、連日多くの来店客が訪れていることから、今回の開催期間延長が決定した。
 同店では、「ポークカレー」(1000円)、「バターチキンキーマカレー」(1000円)、「合いがけカレー(ポーク、バターチキンキーマ)」(1200円)、「追加ポーク」(200円)、「ラッシー」(200円)を販売している。

関連リンク

  • 11/23 9:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます