【セリア】これ、何かのフタ!?使ってすぐにリピ買いした、便利すぎるアイテムの正体とは?

こんにちは!100均を調査し、掘り出し物を見つける企画「100均パトロール」のお時間です。

今回のアイテムは、マカロンのような丸い物体です。カラフルなところもマカロンっぽい?大小の2個セットになっています。

シリコーンの「マカロン」の正体とは?

素材は、ふにゃっと柔らかいシリコーンゴム。裏側には切れ目があり、中身は空洞です。中に何かが入りそうですよね。

ヒント①キッチンで使用するアイテムです
ヒント②「もったいない」を減らし、【○○○ロス対策】に活躍します

このマカロンの正体とは……?

【正解は?】○○に使う便利アイテムです

正解はこちら。

野菜の切り口にかぶせて使うキャップでした!

使いかけの野菜は傷みやすいもの。

そのうち使おうと思いつつ、気づいたら変色したりシナシナになっていたり。放置時間が長くなると劣化が進み、廃棄を迫れることも……。

「野菜シリコーンキャップ」は切り口から進む乾燥や劣化を防ぎ、鮮度を保ってくれるアイテムです。野菜が長持ちするので、【フードロス対策】に手軽に取り組めますよ。

ラップと違って洗って何度も使用でき、毎回捨てる罪悪感もありません。環境にも家計にも優しい便利なアイテムですね。

不器用でも使える!かぶせ方のコツ

説明どおりに野菜にかぶせようとするも、滑ってうまく装着できない……!

不器用さにゲンナリしながら色々と試したところ、スムーズにかぶせられるコツを発見しました。

①キャップを裏返しにします。

②裏返したキャップの底を野菜の切り口にあて、片手で固定します。

③反対側の手でキャップの出っ張った部分を引っ張り、野菜にかぶせます。

④かぶせた出っ張りをおさえながら、ぐるりと野菜にかぶせていきます。

きれいにかぶせることができました!

ピタッと密着し、保存中に外れる心配もありません。慣れるとラップよりも早く使えますよ。

長持ち効果の実力は?

本当に鮮度が長持ちするのか、実験してみました。大根を半分に切り、片方はそのまま、もう片方はキャップを装着して野菜室で保存することに。

5日後の状態は……?

左側はキャップ未使用、右側はキャップを使用した大根です。未使用の方はすぼんでいるし、少し黄色くなっていますよね。

アップにすると、違いがはっきりわかります。

キャップ未使用の大根は、外側から変色が始まっています。乾燥も進んで、筋も目立っていますよね。

一方、キャップを使用した大根は白色をキープ。筋も目立たず、劣化が食い止められています。

5日も経っているので「みずみずしいまま」とはいかないけれど、かなり優秀。こんなに効果があるなら、もっと早く出会いたかった!

伸びる素材がポイント

大小2サイズのセットなので、幅広い野菜に使えます。

大サイズのキャップは、約直径7✕高さ1.8cm。大根やニンジンなど、太めの野菜に使えます。

小サイズの方は、約直径3✕高さ1.5cm。きゅうりなどの細い野菜に便利なサイズです。

キャップと野菜は、ピッタリと大きさが合わなくても大丈夫。シリコーンゴムでできているため、引っ張るとびよーんと伸びて装着できます。

ミニサイズで、省スペースで収納できるのも嬉しいポイント。ズボラな筆者はすぐに使えるよう、野菜室に入れっぱなしにしています。

このキャップを使えば野菜がぐんと長持ちするので、使いかけの野菜を無駄にしません。最後までおいしく使い切れますよ。

「もったいない」が減らせて、地球にも家計にもお役立ち!一石二鳥のアイテムです。

商品情報:野菜シリコンキャップ 110円(税込)/セリア
※2021年11月現在の情報です。

写真・文/小町ねず

関連リンク

  • 11/20 7:45
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます