元巨人・槙原寛己がヤクルトの日本シリーズ進出を戦前予想した“切実”な理由

拡大画像を見る

 11月20日から始ったプロ野球の日本シリーズ。前年、ともに最下位だったヤクルトとオリックスがCS(クライマックスシリーズ)を順調に勝ち上がり、激突。11月21日に行われた第2戦はヤクルトが勝利し、1勝1敗とし、23日に第3戦が東京ドームで行われる。

 1975年、最下位だった長嶋茂雄監督率いる巨人が翌年リーグ優勝、また、2014年、最下位だったヤクルトが、真中満監督新体制で翌年リーグ制覇…と、前年最下位から翌年、日本シリーズにコマを進めるケースは過去6度あった。だが、今回、7,8球団目となる前年最下位同士が日本シリーズで戦うこととなり、これは、史上初のことだ。

 巨人三本柱で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏が、自身のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉で、そんな興味深い日本シリーズの戦前予想を発表。ところが、撮影日は、CSのファイナルステージが始まった11月10日の前日の9日にもかかわらず、ファイナルステージの「ヤクルト-巨人」戦についてヤクルト勝利と宣言。その先の日本シリーズの予想までしていたのだった。同チャンネルの11月18日付けのタイトルは〈11月9日フライング予想【オリックスが4勝3敗】前年最下位同士の決戦!日本シリーズを制するのは?槙原の予言は当たるのか?〉といういささか複雑な響きだ。それによると、日本シリーズにヤクルトが進むと予想した理由については次のように話を展開させた。

 巨人が1戦目を山口俊投手で獲れば、2戦目には菅野智之投手が控えていることから、巨人有利とした槙原氏。だが、「どっちかって言われたら、ヤクルト…なぜかって言うと、貯金が無いチームが日本シリーズはちょっと行きづらいよ…。巨人OBとして、(巨人が日本シリーズに)行ったら行ったで応援しますよ。でも、ヤクルトが順調に行ってくれるほうが気持ち…スッキリするかなって感じがします」

 その口ぶりには、巨人OBという立場を突き抜け、予想というよりも、プロ野球OBとしての「切実な思い」が込められていたようだ。

 ともあれ、セ・パともに、CSの戦前予想はピタリと言い当てた槙原氏。タイトルにもある通り、「オリックス4勝3敗」で優勝の日本シリーズ予想もみごと大当たりとなるか。注目したい。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 11/23 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます