和田彩花 自ら手掛けた初のアルバム配信スタート、リリース当日にはライブも

拡大画像を見る

和田彩花が11月23日に、アンジュルムを卒業後、初のアルバム『私的礼讃』(してきらいさん)を配信リリースする。


アンジュルムを2019年に卒業後、アイドル活動と並行して進学した大学院で学んできたアートの手法を用いながらライブを構築し、2年間で20曲以上のオリジナル楽曲を披露してきたが、本作は、その中から厳選した10曲に新曲を加えて構成作品となる。また、和田彩花自身が全作詞からアートワークまでを自ら手掛け、想いを共有できる距離感にこだわって作り上げた。


発売日当日には新代田FEVERにて「実もの切り花 その1―東京と宮古―」と題したライブを行う。「実もの切り花」とは、この10年で失われてしまったものをテーマにしたイベント・ライブ等の総称で、ライブ・イベント・ZINE・対談等、様々な形で継続していく活動を考えているという。ライブ会場には和田彩花本人が紙にもこだわり、アルバム楽曲の歌詞を全て記したZINE「リリックカード」も配布する。


【和田彩花アルバム発売に関したコメント】

仕事と生活と、毎日を慌しく過ごすなかで、自分の領域を大切にしてほしいなという思いを込めて、アルバムをつくりました。アルバム「私的礼讃」ぜひ、聞いてください。



<ライブ情報>

【タイトル】実もの切り花 その1―東京と宮古―

【会場】新代田FEVER

【日時】2021年11月23日(火・祝) ①開場13:00/開演13:20②開場16:00/開演16:20

【配信】(ツイキャスにて配信)



関連リンク

  • 11/23 0:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます