ハート型のほくろが皮膚がんだった女性「疑わしいと思ったら診察を受けて」(米)

拡大画像を見る

米オレゴン州ポートランドに暮らすカイラ・メイラーさん(Kayla Mailer、32)は4年前、左頬にできた皮膚がんの一種であるメラノーマの切除手術を受けた。

小学生の頃から左頬にあった小さなほくろは長い年月をかけてハート型に変化し、カイラさんはそれをとても気に入っていたそうだ。しかし27歳になった時、その特徴的な形が崩れて色も変わってしまったという。

カイラさんは当時のことをこう振り返っている。

「小学6年生くらいの頃から左頬にほくろがあって、そのすぐ下に平らな色素斑(シミ)がありました。そのシミは15年ほどかけてハート型に変化し目立つようになりましたが、私はとても可愛いと思っていたし、たくさんの人が褒めてくれて。『それはタトゥーなの?』と聞かれることもありましたね。でも27歳になった時、急に形が変わりはじめて色も濃くなったんです。チョコレート色だったのに黒っぽい色になって。心配になって家庭医に診てもらったところ、皮膚科の専門医を紹介してもらうことになりました。」

そして2017年11月13日、ワシントン州ヤキマの皮膚科医の診察を受けた。

「医師がチェックしたところ『確かに怪しい』と言われました。しかも検査は皮膚を削ることになり、ハートのマークが消えてしまうと伝えられて。でも万が一、悪いものだといけないと思って私は検査に同意しました。」

それから3日後の11月16日、検査結果が判明した。

「その日は夜勤で、ちょうど家を出ようとしていた午後5時10分頃に皮膚科の医師から電話がかかってきて『通常は結果を聞くために予約してもらうけど待てなかった』と言われたんです。検査の結果、非常に侵攻性の高いタイプのメラノーマであること、シアトルの手術センターで最初に空いた予約を取ること、そして整形手術も必要であることを伝えられました。私はそれを聞いて大泣きしてしまったんです。」

カイラさんは後日、母親のミリーさん(Millie)と手術についての説明を受けたそうだ。

そして12月4日に行われた手術について、カイラさんは次のように明かした。

「歯科医院にあるような椅子に座って手術を受けました。頬を洗浄して局所麻酔をしてから、がんの周りに円を描くようにメスを入れていました。鼻の近くを切って、そこから皮膚組織を剥がしていく感じで。自分の肌が剥がされるところを見るなんて、なかなかないですよね。組織と一緒に黄色い脂肪がくっついて剥がれるのが見えました。また顔にはペパロニのような大きさの穴が空き、そこから血がにじんでいました。検査の結果を待っている間に穴を焼灼して大きな包帯が被せられました。」

その翌日、メラノーマの全切除に成功したと報告を受けたカイラさんは、12月6日に傷口を塞ぐ整形手術を受けた。だがその後3年間は半年ごとに肌のチェックを受けたそうで、予防のために背中、首、右腕、そして顔の2つの色素斑を切除したという。

そんなカイラさんは現在、自らの経験をもとにこのように述べている。

「常に日焼け止めを塗ること、2時間ごとに塗り直すこと、そして紫外線をカットする服を着ることをお勧めします。あのほくろを切除していなければ、私は28歳で命が尽きていたかもしれません。自分の好きな人生を送り、自分の生きている人生を愛するためにも、疑わしいものがあればすぐに専門家に診てもらってください。」

画像は『The Sun 2021年11月18日付「FATAL FRECKLE I loved the heart-shaped freckle on my face - until doctors told me it could kill me」(Credit: Kennedy News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 11/22 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます