死亡宣告され冷凍庫に入れられた男性、7時間後に息を吹き返す(印)

拡大画像を見る

インドのウッタル・プラデーシュ州ムラーダーバードで今月18日深夜、電気工のスリケシュ・クマールさん(Srikesh Kumar、40)がスピード超過のバイクにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。

遺体は病院の遺体安置所の冷凍庫に約7時間保管されていたが、家族ら4人が検死解剖の書類に署名するため遺体を確認すると、冷たくなったスリケシュさんがわずかながら呼吸をしていることに気がついた。

この時の様子は動画に収められて拡散しており、義姉妹であるマドゥー・バラさん(Mdhu Bala)がスリケシュさんの胸に手を当て「彼は死んでなんかいないわ! いったい何が起きたの? 彼は何か言いたそうにしているじゃない! それに息をしているわよ」と言いながら、病院のスタッフと話をしているのが見て取れる。

マドゥーさんによるとスリケシュさんはその後、メーラトにあるヘルスセンターに転院、いまだ意識が戻っていないものの容態は少しずつ回復しているという。

なおムラーダーバードの病院の医長であるシブ・シン氏(Shiv Singh)は、今回のケースについて「救急医は午前3時に患者の心臓が止まっていることを確認し、さらに何度も診断を行って死亡宣告をしています。ところが翌朝、家族や警察がやってきた時には息を吹き返していたのです。このようなケースは非常に稀なことで、医療スタッフの怠慢が原因ではありません」と説明、病院長のラジェンダ・クマール氏(Rajenda Kumar)も「男性が息を吹き返したのは、奇跡以外のなにものでもありません」と病院側に落ち度はないことを強調している。

しかしマドゥーさんらは怒りが収まらない様子で「スリケシュは医師の怠慢で冷凍庫に入れられ、殺されかけたのですよ」と述べており、法的措置を取ることを示唆した。

スリケシュさんが奇跡的に息を吹き返したのか、それとも医師に過失があったのかは謎のままだが、ムラーダーバードの病院の医師(名前は明かされず)の1人は『Times of India』に「冷凍庫の温度はマイナス12度に保たれていなければなりませんが、遺体安置所の電気の供給には問題があり、電源がついたり切れたりを繰り返していました。患者の命が救われたのはそういった背景があったからでしょう」と明かしており、これが事実であれば男性はよほどの強運の持ち主ということになるだろう。

ちなみに昨年10月にはインドで、遺体用冷凍ケースに20時間入れられた74歳男性が息をしている姿が動画に捉えられた。また2016年には中国で、遺体安置所の冷凍室に入れられたまま15時間放置された新生児が息を吹き返していた。

画像は『Indiatimes.com 2021年11月21日付「Dead Man Alive: 40-year-old Comes Back To Life After Spending 7 Hours In A Mortuary Freezer」(TOI)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 11/22 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます