古市氏 大谷の国民栄誉賞辞退「もらってくれると思ったんですかね?」そこまで価値あるのかな

拡大画像を見る

 社会学者の古市憲寿氏が22日、フジテレビ「ライブニュースイット」に出演。番組では政府が米エンゼルス・大谷翔平選手に国民栄誉賞を打診したが、大谷が「まだ早い」として辞退したニュースを取り上げた。

 古市氏は「逆にもらってくれると思ったんですかね?政府は」と述べた。

 「賞っていうのは、あげるほうと、もらうほうで、あげるほうが格上だから意味があるわけじゃないですか」と語り、「今の国民栄誉賞ってそこまで価値があるのかなというふうに思っちゃうんですね」と指摘した。

 「あまり乱発をやめて、本当に賞の価値が高まった時、かつ大谷さんがもらってもいいというタイミングがあえばいいですよね」とも述べた。

 キャスターの加藤綾子が「基準が曖昧な部分がある」と話すと、古市氏は「どうしても政治利用といわれかねない賞ですしね」と応じた。

関連リンク

  • 11/22 20:42
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • トリトン

    11/23 23:06

    こんな裾政売国奴の無能総理からもらっても要らんわな、それより金やれやよほどその方がいいわ。

  • いち(

    11/23 22:54

    まだ27才やもんな。まだまだこれからどんな偉業を成し遂げるか、引退した時にあげるべきやね。

  • 前にも野球選手が辞退しましたね。理由が面白いことに立ち小便も出来なくなるだったかなあ~❔最近は若い人に挙げすぎでは無いかなあ~⁉

記事の無断転載を禁じます