短命カップルの原因はコレ!長続きしないカップルの共通点とは

拡大画像を見る


「恋人ができてもすぐに別れてしまう」と悩んでいる人は多いかもしれません。短命カップルになる原因がわかれば、好きな人と長く付き合えるでしょう。
そこで今回は、長続きしないカップルの共通点について解説します。


一緒にいないと不安になる

パートナーといつも一緒にいることが当たり前になっているカップルは、長続きしないでしょう。たまに一緒にいない時間ができると、不安な気持ちになるから。
とはいえ、四六時中好きな人と一緒にいられるわけでもありません。ひとりでいることが不安になっていては、精神的に疲れがたまり、別れの原因になります。


お互いに遠慮している

付き合っていてもお互いに遠慮していては、仲を深めることができません。遠慮があると、会話が楽しめなくなるなるから。
そのうち、言いたいことも言い合えない関係になっていく可能性もあります。ぎこちないまま付き合い続けていると、次第に会う機会も少なくなるでしょう。


価値観が違いすぎる

どんなに仲のいいカップルでも、価値観の違いはあるものです。しかし、あまりに価値観の違いが大きいようなら、相手に合わせられなくなるでしょう。
価値観の違いに気がつかず付き合い始めたのは、出会ってから付き合うまでの時間が短かったから。もっと、お互いをよく知ってから付き合うと、すぐに別れることもなくなるはずです。


相手に期待しすぎる

付き合った相手に多くを求めすぎていると、いつの間にかプレッシャーをかけることになります。それは、最初から彼にいいイメージを描いていることが原因のようです。
彼には理想の男性でいてほしいと思っていたら、何かと文句をつけることになるかも。期待に添えなかった彼は、付き合うことに疲れを感じて、離れていくでしょう。

カップルが長続きしない原因は、お互いを理解していないことです。好きな人とはコミュニケーションを持ち、相手をよく知ることで信頼関係が生まれます。
信頼し合っていれば、不安になったり多くを求めたりはしなくなるもの。彼との会話を大切にして、いつまでも付き合っていられるといいですね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 20:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます