ディズニー新ヒロイン大抜てきの斎藤瑠希「生活180度変わった」 ゆめっち&平野綾も歓喜

 女優の斎藤瑠希、芸人のゆめっち(3時のヒロイン)、声優の平野綾が22日、都内で開催されたアニメ映画『ミラベルと魔法だらけの家』公開記念スペシャルイベントに登壇。日本版声優として初ディズニー作品に挑んだ3人が歓喜のコメントを寄せ、新ヒロイン・ミラベル役に大抜てきされた斎藤は同映画の楽曲を初歌唱し、圧巻の歌声で魅了した。

 ディズニー・アニメーション・スタジオ最新作となる本作は、“魔法”に溢れる世界に住むミラベルの活躍を描くミュージカル・ファンタジー。5歳の誕生日に1人1人が特別な個性を持つ“魔法のギフト(才能)”を与えられるマドリガル家に生まれるも、ただ1人だけギフトを与えられなかったミラベルが、家族を救うため唯一の希望として立ち上がる。

 オーディションで役を掴み、マドリガル家・3姉妹の声を担当した3人。新人ながらも主人公に大抜てきされた斎藤は「今までの生活から180度変わって。小さい頃からずっと観ているディズニー作品に関わらせていただけて光栄です」と感極まった様子で明かし、「いろんな駅や町中でミラベルを見かけて自分の声を聞いて、実感が湧いてます」と照れ笑い。

 ゆめっちは「合格したと聞いた時は、ドッキリだと思ってめちゃくちゃカメラを探しました」と打ち明け、「試写会で完成版を見た時に私の声だと実感して。一緒に観た相方たちは終わった後に泣いていて、(福田)麻貴は『すごいな』って後ろからハグしてくれました。誇りに思われてます」と満面の笑み。平野もディズニー作品初挑戦になるが、「声優として活動して20年、ようやく夢が叶いました」と感慨深い表情で明かし、「まだ半信半疑で。試写会で自分の声が流れても、他人のような夢見心地な感覚です」とはにかんでいた。

 3人が「自身の特別な才能」を聞かれる一幕も。斎藤は「僭越ながら歌のギフト」と答え、「小さい時から好きな歌でミラベルに選んでいただけて。これからもどんどんレベルアップできたら」とニッコリ。ゆめっちはさまざまなアルバイト先で看板娘になっていたそうで、「『いるだけでハッピーになる』と言われたことがあって、それは才能かな。宝くじ売り場で働いてる時は、私から買った方から高額当選がバンバン出て、宝くじ雑誌の表紙になったことがあります」とエピソードを披露。平野は「負けず嫌いなので、何事も諦めないのは才能の1つかな。やると決めたら、最後まで絶対やり通します」と打ち明けていた。

 終盤には、斎藤が同映画のメイン楽曲「奇跡を夢みて」を初歌唱。圧巻の歌声を披露した斎藤は「この場に立っているのが夢のよう」と笑顔を見せ、見守っていたゆめっちは「歌い始めから涙が出ました。言葉に命が吹き込まれてましたね」と感想を口にし、平野は斎藤に「すごいギフトを与えられたね」と妹を見つめるような表情で声をかけていた。

 映画『ミラベルと魔法だらけの家』は、11月26日より公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/22 17:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます