大好きだけど...【先に好きになった方が負け】って本当なの?

拡大画像を見る


お互いに大好きすぎてお付き合いを開始するのは当たり前のことですが、実は先に好きになった方が負けという言葉があります。なぜ先に好きになった方が負けなのか?惚れられた方が得なのはどんな理由があるのか、今回はまとめてみます。


許してしまう

嫌なことがあっても、相手のことを惚れてしまっているために許してしまうということがあります。相手がわがままな人であっても、彼だから仕方ないと思う気持ちが大きくなるようです。
困ったことに、これが惚れたもん負けという言葉に繋がるのです。相手にとって好きと思ってもらえる感情は非常に大事ではありますが、自分ばかりが負担なら避けるべきです。


好きだからで終わる

相手のことが好きだからどんなことをされても仕方ないと思ってしまいます。もちろん好きな相手というのは、誰だってずっと好きでいてほしいと思うのです。
好きだから終わるといった言葉は、いったん好きになったのだから仕方ないといった言葉で終わるのですが、そうではないのが恋愛依存の傾向があるということです。いつのまにか彼のことばかりで依存にならないために、気をつけなければならないです。


喧嘩したくないから諦める

喧嘩をしたくないと思うのは、付き合いをしているカップル皆が思うことです。喧嘩をしたくないからといって、我慢するというのはまた違う話なのです。喧嘩はなければない方がよいのですが、喧嘩が全て悪いということはないのです。
お互いの気持ちを吐き出すチャンスと考え、そのときは言いたいことをはっきりと伝えるべきです。そうでなければ、恋愛はうまくいかないのです。


好きでいてほしいと努力する

好きでいてほしいと思う気持ちが大きければ大きいほど、好きでいてもらうための努力はするものです。相手がもっと自分を好きでいてくれるために、自分自身を磨こうと考えるのです。
大好きな相手にもっと好きでいてほしいと思うのは、もちろんのことです。惚れた側にも、相手を想うことで自分を魅力的に見せるためのメリットがあります。


まとめ

惚れた方というのは、相手に対してずっと好きでいてほしいと思う気持ちが非常に強いようです。もちろん好きと思う気持ちはお互いにあるのですが、先に好きになった方が負けというのはこのような心理があるのです。
大好きなのであれば、我慢はよくありません。喧嘩を避けるために我慢するとストレスに繋がりますので、ほどほどにするべきです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 19:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます