田中圭、横浜流星に“またやられる”!?『あな番』アクション撮影振り返る

拡大画像を見る

日本テレビ系列で2019年に放送されたドラマ『あなたの番です』を映画化した『あなたの番です 劇場版』の完成報告会が11月22日、都内で行われ、本作に出演する原田知世、田中圭、西野七瀬、横浜流星、浅香航大、奈緒、坪倉由幸(我が家)、袴田吉彦、片桐仁、野間口徹、皆川猿時、木村多江、本作のメガホンを取った佐久間紀佳監督が登壇した。

本ドラマはマンションに引っ越してきた年の差新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる様を描いたミステリー。劇場版では、原田と田中が演じる年の差新婚夫婦・手塚菜奈と翔太が、引っ越してきたあの日、住民会に出席したのが菜奈ではなく翔太だったら、そして、あの交換殺人ゲームが始まらなかったらという「もしもの世界」が展開して新しい物語を生み出す。12月10日の公開日同日には、劇場版までの空白の2年間を描く『金曜ロードショー 劇場版公開記念!「あなたの番です」完全新撮スペシャル!』も放送される予定だ。

田中は登壇すると、ドラマ版以来だったという本作の撮影を振り返り、「最初は緊張したんです。でも撮影に入ると、すんなりとあの世界に入っていけました」と充実の表情でコメント。この日は「いい夫婦の日」でもあり、原田には「いい夫婦である秘訣」についての質問が飛んだが、原田が「互いを信じる気持ちですかね」と照れ臭そうに述べるのを田中も「そうだと思います。愛ですね」とすかさずフォローするなど、原田との相性もぴったりの様子。原田は「『あな番』ファンにも十分納得できる内容。このみんなとクルーズ船のミステリーツアーを楽しむ感じで見てほしい」と本作をアピール。

西野はドラマ版に出演時の世間の反響を紹介。「どこの現場に行っても怖がられたんです。反響がすごかった。いいことだと思う反面、寂しいなとも思いました。隣に座ることを拒否されたりもあったんです。今回もドラマ版を受けて、(視聴者に)マークされる存在であると思います。どういう行動を起こすかはお楽しみです」とアピールする。

横浜は本作で「ドラマと違って、今回はマンションの住人じゃない」と自身の立ち位置を明かし、「みなさんとどう関わっていくのかを映画を見て楽しんでほしい」とコメント。また、派手なアクションシーンにも挑戦しているといい、「ドラマの時は台本に二階堂でなく、横浜流星のアクションをと書かれていて、戸惑いもあったんです。でも今回は意味のあるアクションができていると思います」と前回とはまた違ったアクションシーンが見せられるとのこと。「いっぱい蹴ります。いっぱい投げて、いっぱい殴ります」と話すなど、会見ではアクションシーンを見どころとして猛プッシュ。

田中も横浜とのアクションを嬉しそうに振り返り、「ドラマ版の時から唯一持っている文句なんですけど、翔太はめちゃくちゃ弱い。多江さんとかにもやられるんです」と述べ、「ネタバレなんですけど、僕また横浜流星にやられるんです、思い切り蹴られるんです、翔太くん弱いな……」と話して笑わせていた。

関連リンク

  • 11/22 19:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます