駆け引きは不要?好感度が上がる【LINEの返し方】とは

拡大画像を見る


LINEの返し方で「あなたの印象が決まる」といっても過言ではありません。男性は少しでも「重い」と感じれば、恋愛対象から外してしまうことも多いのです。そこで今回は、好感度が上がる【LINEの返し方】を4つご紹介します。


答えやすさを重視する

好感度の高いLINEの返し方は、相手が答えやすくなるような文章を作ること。たとえば「どこか行きたいところある?」と聞かれるよりも「〇〇か〇〇に行ってみたいんだけど、どうかな?」と二択に絞っていれば答えやすいですよね。このように相手の答えやすさやイメージしやすさを重視して送ると、会話も続くでしょう。


相手と同じような文章の長さで送る

文章のバランスを相手に合わせることも、好感度を上げるLINEのコツ。とくに男性は短めの文章で送ってくる場合が多いため、自分だけが長文にならないよう気をつけてください。1行の文章が届いたらあなたも1行で返信・スタンプがきたらスタンプというように、同じようなバランスで交互に会話をすることがベストです。


デートの約束をしたときには「感情」を添える

気になる彼とLINEで食事の約束をしたり、デートの予定を決めたりすることもあるでしょう。そんなときにはただ日にちを決めるだけでなく「楽しみでドキドキしてきました」「早く○日にならないかな」などの一言を添えるのが効果的!短い一言でもあなたの気持ちが伝わり「俺とのデートを楽しみにしてくれて嬉しい」と思ってもらえるはず。


ポジティブな内容を心がける

LINEは文字が残るものなので、ポジティブな内容を心がけることが大切です。元気が出るような言葉や癒される言葉が多いと、後で読み返したいと思ってもらえるかもしれません。あなたの送った言葉がもし相手の支えになれたら、特別な女性として意識される可能性も♡

今回は、好感度が上がる【LINEの返し方】を4つご紹介しました。送り方1つで印象もガラッと変わりますし、他の女性と差別化できるのです。気になる彼には、読み返したくなるような文章を意識して好感度アップを狙いましょう!(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 15:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます