見事なE胸! 後藤真希が熟れた肢体を写真集で披露も気がかりな点とは

拡大画像を見る

 アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバーでタレントの後藤真希が、11月29日に写真集を発売する。11月22日発売の「週刊プレイボーイ」が写真集について後藤にインタビュー。未収録カットも公開した。

 インタビューで後藤は「今回はけっこう、出すところを出しているような感じがします(笑)。正直、ボディラインは昔のほうがよかったかもしれないですけど、表情も含めて本当に自然体の自分を出せたと思ってます」と自信をのぞかせた。なるほど、未収録カットではアンダーウエア姿を披露し、推定Eカップといわれるバストも健在。36歳のいい感じに〝熟れた〟ゴマキを堪能できそうな作品だ。

 後藤は2014年7月、一般男性との結婚を発表。15年12月に長女、17年3月に長男を出産している。家庭を持つ身でありながら、写真集発売に加え、11月28日(大阪)と12月5日(神奈川)に有観客でソロライブを開催。写真集、ライブとも実に10年ぶりだ。今後はさらに活動を広げていくのだろうか。ただ、気がかりな点もある。

「後藤といえば、2019年3月に『週刊文春』が元恋人との不貞疑惑を報じました。後藤はブログで関係を認め、謝罪しています。夫は、元恋人を相手どって、330万円の損害賠償を請求。その後、和解が成立しましたが、夫のことを思えば、まだまだ派手な活動は取りにくいはず。それが、〝出すところを出している〟写真集の発売とは、ちょっと意外でした。夫婦仲がよく、夫の理解もあってのことだと思いますが、艶気路線に走りすぎるのはいかがなものでしょうか。夫もヒヤヒヤしていると思います」(芸能記者)

 夫婦仲を第一に考え、今後の活動を続けてほしいものだ。

(石田英明)

関連リンク

  • 11/22 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます