清宮、早くも“激痩せ”!? 新庄マジックの凄い効果

拡大画像を見る

 日本ハムの“ビッグボス“こと新庄剛志監督が11月18日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、清宮幸太郎内野手の劇的な体型の変化に「凄い!!」と賛辞を送っている。

 新庄監督は9日、沖縄・国頭での秋季キャンプに参加した際、体重が103キロともされる大柄な清宮の脇腹を摘み、「ちょっとデブじゃね? ちょっと痩せない?」と指摘。これに清宮が「痩せてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖いので…」と返したところ、「今もそんなに打球飛んでないじゃん。昔の方がもっと飛んでた。昔の方がスリムじゃなかった? それはキレがあったから。今はキレがない気がする」とし、プロとしての自覚を促すような言葉を投げかけていた。

 それからわずか9日後、髪の毛をサッパリとカットし、シャープな輪郭となった清宮が、千葉・鎌ヶ谷の球団施設でのトレーニングに参加。その模様が各メディアによって報じられると、新庄監督も清宮の“ちょいやせ“姿を伝えるニュース記事をインスタグラムに添付し、「この短期間で想像を超える減量に驚いてます」と拍手の絵文字を3つ並べた。さらに「凄い!!髪切って身だしなみも」とOKマークの絵文字で締めている。

「一部メディアは、9日時点での清宮と、18日の彼を比較する画像も公開しており、その違いは一目瞭然。まだ9日しか経過していないにも関わらず、主に腹部周辺や胸元がスリムになっており、顔つきにも変化が見られました。近年のパフォーマンスの低下もあってか、やはり新庄監督からの『今もそんなに打球飛んでないじゃん』との言葉が響いたのでしょう。また、パフォーマンスの観点だけでなく、『痩せた方がモテるよ。格好いいよ』との言い回しで想いを伝えた新庄監督の巧みな人心掌握術も光り、ネットでは『痩せたら飛ばなくなるという意識を持っていた清宮の精神の変革をさせただけでも、新庄効果ありですね』『ビッグボスのマネージメント力はすごいです』『“前の方が飛んでた“が刺さったのかもしれませんね』『ビッグボス効果、凄すぎます』との絶賛が殺到。もちろん、そんなボスからの指令にすぐさまコミットした清宮についても『いやー清宮の覚悟は伝わってきたよ!』『やる気にさせる新庄監督もすごいが、それにすぐに応える清宮選手もすごい。こりゃ日ハム応援したくなるね笑』『清宮くん、素直な若者ですね! この素直さは素晴らしい』『これは“ちょいやせ“どころじゃないよ。めちゃくちゃ精悍になってるじゃん!』『自分には、ちょい痩せではなくて、激痩せに見えます』などと驚きの反応が寄せられています」(スポーツライター)

 まだまだ清宮の再生プロジェクトは始まったばかりだが、その努力の成果にすぐさま反応し、SNSから公に賛辞を発信した新庄監督のやり方は粋なものだったといえるだろう。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/22 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます