水樹奈々、浮気現場を目撃したリスナーに共感「ボッコボコにしてやりたいですよね!?」

拡大画像を見る

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「水樹奈々のMの世界」。11月15日(月)の放送では、毎年恒例「Mの世界的 流行語大賞」のノミネート作品を発表していきました。


声優・歌手として活躍する水樹奈々



水樹:年末のこの時期といえば、「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞! 今年のノミネート作品はすでに発表されていますが、「水樹奈々のMの世界」でも、私が発言してしまった珍ワードもたくさんありまして……というわけで、今年も開催いたします!

【2021年 Mの世界的 流行語大賞】

水樹奈々が番組内で発言した言葉から、2021年の番組的流行語大賞をみなさんの投票で決めるスペシャル企画になっております! ということで、今年のノミネートされた7ワードを発表していきたいと思います!

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート①「イケオジ MOVIE」
「イチオシ映画をレコメンドするコーナー『MOVIEの世界』で、“イケてるおじさん”通称『イケオジ』が大活躍する映画を“イケオジMOVIE”と名付けたことからノミネート。ちなみに、今年紹介したイケオジムービーの象徴が『ロード・オブ・ザ・リング』。20年前の作品を水樹がまるで新作映画のように語り、イケオジキャラ・アラゴルンについての愛をたっぷり語った」

水樹:だって、アラゴルンがかっこ良かったんだもん! 途中で良い仲になりそうな女性が出て来るんだけど、(アラゴルンが)必ず最後に想いを寄せている女性の元に戻ってくるという……素晴らしい映画です!

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート②「サンドバックにしてやろうか」
「リスナーのピンキーエピソードをキャノンボール水樹さんが紹介するコーナー『ミズガメッシュナイト』にて。その日のテーマ『初めて異性の部屋に入った日』に届いたピンキーエピソードで、彼氏と遊ぶ予定だった日にドタキャンされたものの、ゲリラ的に彼氏の家に入って部屋をあけると、胸元をさらけだした知らない女性が……。それを目撃した瞬間に、そのリスナーが浮気者の彼氏に放った言葉がノミネート」

水樹:これ覚えてる〜! あまりにも衝撃的っていうか……(デートを)ドタキャンしといて、(彼氏の家を突撃したら)胸元をあらわにした女性が部屋にいたわけですよ。ボッコボコにしてやりたいですよね!?

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート③「オツナヒキ」
「別名“闇綱祭り”。2021年の番組台本にかなりの頻度で組み込まれていたワード。元ネタは漫画家・諸星大二郎先生の短編集に収録されている作品。異形の者たちとの調和と平等を保つための祭り」

水樹:いや、これは私が言ったというか、無理やり言わされた感のあるワードでしたよ!? おかしいですね……変なワードが紛れ込んでしまいましたね(笑)。

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート④「恋愛のABCは松竹梅」
「思春期のお悩みを解決する『放浪お姉さん奈々』から誕生したワード……というか“方程式”。水樹が『男女の恋愛における“ABC”は、例えるのであれば“松竹梅”』と表現したことから。反響も多かったのでノミネート」

水樹:だって外野(番組スタッフ)が、「え、奈々さん? ABCってどういう意味ですか?」ってうるさいんだもの!

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート⑤「水樹奈々の季節あるある」
「『Mの世界』では、オープニングで“季節あるある”を導入しています。しかし、奈々さんのあるあるは微妙に共感しないものばかりで、若干消化不良気味……例えば、『買ってきたバナナ。固かったのでバナナスタンドに吊り下げるが、少し目を離しているあいだに黒くなりがち』など。微妙に共感しづらいネタが乱発され、ノミネート。

水樹:いやいや!(バナナスタンドは)あると便利よ〜? 私的には“あるある”だったんですけどね~! 残念です(笑)。

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート⑥「ミズガメ世代」
「こちらも『ミズガメッシュナイト』からノミネート。この日のテーマだった『年上から教わったあんな事』を説明する際、水樹が『今はネットで調べれば何でもわかる時代ですが、私たち“ミズガメ世代”にはそんなものはなかった」という、突如言い放った意味不明な言葉」

水樹:いやいやいや!“ミズガメ世代”なんて、めっちゃわかりやすいワードよ? 昭和の時代をちゃんと体感している世代が“ミズガメ世代”なんじゃないかなと思うわけですよ。昭和の時代って、元気がありましたよね?

◆Mの世界的 流行語大賞ノミネート⑦「私が代わりにリンゴ潰してあげるから」
「こちらも『ミズガメッシュナイト』で生まれたワード。この日のテーマが『マッチングアプリであったあの人』。“お会いした男性と突如連絡が取れなくなった”という女性のメッセージを紹介した後、なぜかその男性に怒りの矛先が行き、荒れ始めたキャノンボール水樹さんが、

『今、拳を握っています! ここにリンゴがあったら割ってるかもしれない。もどかしい思いを抱えた方々がいましたら、私が代わりにリンゴを潰してあげるから、どんどんメッセージを送ってください!』と終始怒りをあらわにして、ノミネート」

水樹:すごくヒートアップして言っちゃったんですよね。“(リスナーが抱いた怒りを)代わりに発散させることができたら……”と思って、「リンゴを潰す」というワードにたどり着きました。

というわけで、以上7つのワードが「2021年 Mの世界的 流行語大賞」にノミネートされました! みなさんが“これは!”と思うノミネート作品に1票を投じていただいて、大賞を決めたいと思います。選んだ理由も添えていただけるとうれしいです。結果発表をお楽しみに!

◎11月22日(月)の「水樹奈々のMの世界」は、とある記念日にまつわるコーナーをお届けします! “11”と“22”の語呂合わせにちなんだ、あの記念日です。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月23日(火・祝)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:水樹奈々のMの世界
放送日時:毎週月曜 21:00~21:30/ FM愛媛土曜深夜1:30~2:00
パーソナリティ:水樹奈々
番組Webサイト:
https://www.tfm.co.jp/7

関連リンク

  • 11/22 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます