みんな知ってた...?男性がLINEをニガテに思う4つの理由!

拡大画像を見る


LINEは見たかどうかもわかり、たくさんの方が活用している機能の一つです。もちろん、カップルの間であっても使っていない人の方が多いかもしれないです。
しかし、そんな便利な機能も男性にとっては少し苦手と感じるもののようです。その理由は何なのか?今回はそんな男性心理に迫ります。


見たかわかるから

LINEの機能のよいところは、見たかどうかわかることです。たとえ見たとしても、既読になっているのであれば相手に伝わっていると理解できとても便利なのですが、男性側の考えは少し異なります。
LINEの既読機能によって、内容を見たとわかってしまい結果としてうまくいかないこともあるのです。仕事で忙しく内容を見たものの返信までいかないというのは失礼にあたり、普段のメールであればこのような機能はないのでなおさらそう感じます。


返信に急ぐ

既読機能があることによって、既読スルーという言葉があります。既読になっているということは見ているということですから、見ているのであれば返事をしなければいけないと急ぐのです。
本来はゆっくりした状態の中で返信したいものの、結果としてバタバタした返信方法しかできず、相手にあまりよい印象をうけてもらえないのではないかという、不安に陥るのです。


束縛されているように感じる

LINEの機能によって、束縛されているように感じるという男性は少なくないです。実際に女性は束縛しているつもりは一切なく、束縛どころか、ただ単にLINEを楽しんでいるだけなのです。
しかし男性はあまりにLINEの機能に対して抵抗があり、自分の時間をうばわれてしまうと錯覚している場合もあります。そんなときは、返事はいらないよと言葉を添えたり、返事はいつでもいいからねと彼に伝えてあげると急がなくてよいのだと安心に変わります。


面倒

LINE自体が面倒と感じる男性もいます。電話で終わる話をなぜだらだらとしなければいけないのだろうと考えるからです。もちろん、LINEが楽しいと考える男性もいますから、彼にあわせたスタイルをおすすめします。


まとめ

電話で終わる話をわざわざLINEで話すというのは、とても面倒に感じるようです。女性は好きな相手であれば、どんな内容であってもしていたいと感じますが、男性心は違うもののようです。どうしても彼に対して、LINEをしてほしいと思うのであれば既読であっても気にしないことです。
見ていることは確実なのですから、返事はするかしないかは彼が判断することだからです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます