梅沢富美男 彭帥“無事”動画に疑問「人が少ない。ちょっと不自然」

拡大画像を見る

 俳優・梅沢富美男が22日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、女子テニスのダブルス元世界ランク1位・彭帥が中国共産党の元最高指導部メンバーに性的関係を強要されたと告白した後に安否不明となっている問題に言及。21日になって中国共産党系メディア関係者により彭帥の“無事”を強調する動画が相次いで公開されている中の1本に「不自然ですよね」と疑問を呈した。

 梅沢がいぶかしんだのは、テニス大会に来場し子どもたちに笑顔でサインする動画。「人が少ないんですよ。これだけの選手が!これだけ来てるのに!子どもたちを前に前に出してるんですね。だから、その辺がちょっと不自然ですよね」と首をひねった。

 キャスターの宮根誠司も「これだけの中国に激震が走るような暴露をした方が、こんな笑顔で子どもたちにテニスなんか教えたりサインをしたりする心境になるのかなあと」と疑問を口にしたが、梅沢は逆に「それが本当にあるんだったら、今注目の的ですから、もっともっと人が集まってもいいと思うんですよ」と指摘。宮根も「それからマスコミが黙ってないですよね。整然と行われている」と続いた。

 中国事情に詳しい、拓殖大学・富坂聰教授は「中国国内では、そもそも今回の問題はなかったものということになっている。ツイッターは中国国内では閲覧できないので、国内には見せず、海外に無事をアピールする手段としてあえてツイッターを活用したのでは」と中国国内で大騒ぎになっていない理由を説明した。

関連リンク

  • 11/22 16:34
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます