悪気がないのはわかっていても、女性に言われると傷つく「容姿へのコメント」9パターン

異性からの容姿に関する指摘には、男性も一喜一憂しているものです。そして、時には女性の何気ない一言で、傷ついてしまうことも。そこで、今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「悪気がないのはわかっていても、女性に言われると傷つく『容姿へのコメント』9パターン」を紹介します。

【1】「貧弱」と言われている気がしてしまう「すごく細いよね!」
「なよなよしていると言われているみたい」(20代男性)と、男らしさの否定だと感じてショックを受ける男性は多いようです。細身の男性を褒めるときは「うらやましい!」など褒めていることがわかるような一言を付け加えてはいかがでしょうか。

【2】無性になさけない気持ちになる「子犬みたいでかわいい」
「見下されているような気がする」(10代男性)など、男性に対してその雰囲気を動物に例える言葉は、嫌がられる傾向が強いようです。男性の中性的な雰囲気を褒めたいときには、「優しそうだね」などと言えば、喜んでもらえるかもしれません。

【3】他はイケてないと言われてるような「髪形『は』決まってるね!」
「それ以外はダメってこと?」(20代男性)のように、容姿の一部だけを褒めると、何気ない言葉尻をとらえて落ち込む男性もいるようです。「今日はオシャレだね」なども、「いつもはダサいの?」と勘違いされる可能性があるので「普段以上に」などと添えてみてはどうでしょうか。

【4】自分でもわかっているから触れないでほしい「ヒール履くと私のほうが身長高い」
「背が低くてスミマセンね…」(20代男性)と、遠まわしにバカにされているように感じてしまう男性は多いようです。「私は背が高いのがコンプレックス」などの発言も男性の劣等感をあおる危険があるかもしれません。

【5】頼りないと思われていそうで嫌な「なで肩だよね」
「力強く見えないことを気にしているので」(20代男性)など、肩回りがガッチリしていないことを気にしている男性は意外と多いようです。「私はなで肩のほうが好み」など、プラス評価をしていることを明らかにすれば、不快に思われずに済むかもしれません。

【6】自分が好きな格好をしているので放っておいてほしい「私、その服好きじゃない」
「そんなことを言われる筋合いはない」(20代男性)など、ファッションへの批判は「大きなお世話」と思われがちです。否定するより、具体的なポイントをあげつつ「こうしたらもっとカッコいい」などとアドバイスをしてはいかがでしょうか。

【7】男だって気にしないわけじゃない「毛深いね」
「剃れるものなら剃りたいのに…」(20代男性)など、腕毛などを見てその多さを指摘されると、男性も落ち込むようです。濃かろうと薄かろうと、ムダ毛を気にしている男性は案外多いので、余程近い関係にならない限りは触れないほうがいいでしょう。

【8】三枚目と比べられても嬉しくない「芸能人の○○と似てるよね!」
「イケメンと似ているならまだしも…」(20代男性)のように、引き合いに出す芸能人によっては男性を傷つけることがあるようです。見た目ではなく中身や雰囲気などが似ていると感じた場合は、「○○みたいに話が面白い」とはっきり言ったほうがいいかもしれません。

【9】褒められている気分にはならない「男にモテそうな顔しているよね」
「女性にはモテないってこと?」(20代男性)と、男らしい顔つきを褒めたつもりでも、男性にショックを与えることがあるようです。せめて「男『にも』モテそう」と言うなど、女性からの評価も悪くないことを伝えるようにしてはいかがでしょうか。

ほかに、悪気がなくても男性を傷つけてしまう容姿に関するコメントにはどんなものがあると思いますか。ご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/22 14:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます