小池都知事 木下都議「決することを確信」に、若狭弁護士「すごい意味深」

拡大画像を見る

 若狭勝弁護士が22日、TBS系「ひるおび!」にリモート出演。過労による入院、自宅療養から21日に公務に本格復帰した小池百合子都知事が、無免許で当て逃げ事故を起こしたことを隠したまま当選した木下富美子都議に辞職を促し「彼女自身が決することを私は確信している」などと話した中で「確信」という言葉に反応。「何らかの形で彼女が辞職する可能性を示唆してるんじゃないか」と話した。

 番組では、小池都知事が木下都議について「今の状況を理解できない人ではないと私は考えておりますし、自らが出処進退をただしていくことについて彼女自身が決することを私は確信している」などと話したと伝えた。

 木下都議は小池都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」に所属しており、7月の都議選前にも都知事の応援を受けていた間柄。

 そんな小池都知事の発言に、若狭氏は「あの『確信』という言葉はすごい意味深」と注目し「何らかの形で彼女が辞職する可能性を示唆してるんじゃないか。おそらく何らかの動きが今行われてる、あるいは行われつつあるのかなというふうに私は見ている」と分析した。

関連リンク

  • 11/22 13:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます