『アバランチ』第6話 第2部“戦争編”スタート UVERworldの新主題歌も決定

 俳優の綾野剛が主演するドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の第6話が今夜放送。第2部始動となる第6話では、羽生(綾野)がテロ事件の容疑者として全国指名手配される。

 15日放送の第5話では、アバランチ発足の理由と真の目的が明かされ、3年前、多くの犠牲者を出した偽装テロ事件を足掛かりに、権力の階段を上ってきた大山(渡部篤郎)との因縁が明らかとなった。そして、これまで政財界の支援者を次々と失脚させられてきた大山によるアバランチへの反撃が予告される中、物語は今夜放送の第6話から第2部に突入。アバランチと大山、互いの正義が衝突する壮絶な戦いが描かれていく。

 第6話では、大きな野望を胸に秘めた大山が画策する“次なる最悪の一手”を防ぐため、羽生たちはキーマンである元公安部長の戸倉(手塚とおる)への接触を図る。しかし、これまで情報収集に徹していた大山も、ついにアバランチに対して反撃に出て…。

 そしてある日、日本列島に緊急ニュースが流れ込む―。アナウンサーが報じたその内容は、「警視庁が、アバランチのメンバー・羽生誠一容疑者をテロ事件の容疑者として全国に特別指名手配」というもの。

 羽生の身に一体何が? ついに、アバランチと大山の正義がぶつかり合う、壮絶な戦いの幕が開く。

 この“戦争編”と呼べる第2部の新主題歌が、UVERworldの「EN」に決定。本楽曲は、これまでUVERworldのライブのみで披露されてきたものの、いまだ音源化されていなかった未発表曲。“Creating new world”という言葉をテーマに書き下ろされた第5話までの主題歌「Avalanche」から、“I’m gonna go”“行こう”と未来に向けた力強い前進を宣言する「EN」へ。自らの正義を胸に戦いを挑むアバランチメンバーの背中を押し、第2部に突入しボルテージを上げていくドラマとともに、視聴者の感情をさらに高ぶらせていく。

 ドラマ『アバランチ』第6話は、カンテレ・フジテレビ系にて11月22日22時放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/22 11:10
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます