サルマ・ハエックがハリウッドの殿堂入り、2709番目の星型プレートがお披露目に

拡大画像を見る

サルマ・ハエックが「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」に2709番目の星型プレートを獲得した。サルマは夫と娘とともにTCLチャイニーズ・シアターの前で行われた記念セレモニーに出席。ハリウッドでの成功について語った。

「より上を目指して。自分のやっていることに喜びを見出して。一生懸命やる。備える。だれがなにを言おうと、気にしないで。でも一番大切なのは、自分が落ち込んでいるときには自分の言いなりにならないこと」と自分がこれまでに心がけてきたことを振り返るように話したサルマ。90年代にハリウッドに進出した当時は、見知らぬ人に刺されそうになったことや、プロデューサーに出身国のメキシコに「戻ったら?」と言われたことなども回顧し、「だれも私にここ(ハリウッド)にいてほしくないんだ。みんな自分の国へ帰れと言う」と落ち込んだことを明かした。

Photo by Emma McIntyre/Getty Images

しかしサルマは故郷に戻らないことを選んだ。ハリウッドやスタジオの人々がサルマのことを知らなくても、「アメリカにいるすべてのラテン系の人は私を知っている」「彼らは彼らと同じように私が夢を持ってここに来たということを理解してくれる」という自信を糧に、自身を奮い立たせたという。

セレモニーには『エターナルズ』でタッグを組んだクロエ・ジャオ監督、『アダルトボーイズ青春白書』で共演し仲のよい友人だというアダム・サンドラーが駆け付け、サルマを祝福した。

クロエ・ジャオ、サルマ・ハエック、アダム・サンドラー Photo by Emma McIntyre/Getty Images

(Hiromi Kaku)


■関連作品:
エターナルズ 2021年11月5日より全国にて公開


関連リンク

  • 11/22 12:50
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます