食品業界初! 完全ラベルレスの「アサヒ 十六茶」をAmazonでテスト販売

拡大画像を見る

 アサヒ飲料は、リコーのレーザーマーキング技術を使用した完全ラベルレス商品「アサヒ 十六茶」PET630mlダイレクトマーキングボトルを、12月21日にAmazon.co.jpでテスト販売を開始する。リコーのレーザーマーキング技術を使用したラベルレス飲料商品は、食品業界で初めて。価格は1箱24本3628円で、1200箱限定で販売する。

 レーザーマーキング技術は、ペットボトルのごく表面にのみレーザー加工を施して描画するもの。インクなどの不純物がないため、リサイクル性を低下させることなく必要な情報を表現できる。
 この技術を活用することで、従来のラベルレス商品で表示に使用していたタックシールやネックリンガーなどを使用せずに完全ラベルレス化を実現することが可能。11月中旬から同社の富士山工場にリコーの試験機を設置し限定生産を実施する。
 同社がラベルレス商品の展開を始めたのは2018年5月から。「アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル」PET600ml、PET1.9LをAmazon.co.jp限定でテスト販売を実施し、2019年に商品と販路を拡大した。
 2020年には、資源有効利用促進法に基づく識別表示に関する制度が変更され、容器識別マークをボトルに刻印することでタックシールを外すことが可能になったことから「アサヒ おいしい水」の完全ラベルレス化が実現。2021年は「届く強さの乳酸菌W(ダブル)プレミアガセリ菌CP2305ラベルレスボトル」を発売したほか、店頭や自動販売機でも単品販売が可能となる「アサヒ おいしい水 天然水 シンプルecoラベル」PET585mlを4月にテスト発売している。
 2021年11月30日には「アサヒ ルイボスティー」ラベルレスボトルPET500mlを発売する予定。

関連リンク

  • 11/22 13:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます