水溜りボンド・カンタ、相方トミー不在に本音 今後の動画にも言及

【モデルプレス=2021/11/22】2人組YouTuber水溜りボンドのカンタが21日、グループ公式YouTubeチャンネルを更新。相方トミーの不在について、本音を明かした。

◆カンタ、長期間の個人活動は「予想していませんでした」

動画冒頭、挨拶の後に「トミー戻ってきて~!」と呼びかけたカンタは、トミーの復帰を待つ視聴者が数多くいることはトミー自身も理解していると説明。「トミーとも色々話をしています」というテロップが表示された。

また「まさかこんなに1人での活動が長くなるとは予想していませんでした、正直」と本音も明かし、「悩むこととか考えてしまうこともあるので、もうしばらくトミーのことをお待ちいただければ幸いでございます」とメッセージ。「必ず水溜りボンド2人でまたたくさん動画をお届けするので、もう暫くお待ちいただけると嬉しいです」というテロップも添えられていた。

◆カンタ、今後の動画は?

また、1人での動画の方向性で悩んだ期間もあったそうで、今回は「一つ答えが出ました」とコメント。「水溜りボンドと言えばドッキリだと思うんですよね」とし、「今後水溜りボンドとして活動していく中でもドッキリはやっていきたいので、この期間僕はドッキリマスターになろう、そう思ったんです」と考えを明かした。

そして、「有名YouTuberにドッキリをかけていくドッキリウィークを開催しようと思います」と宣言。動画後半では、実際にデカキンにドッキリをしかける様子も公開された。

トミーは2021年6月、緊急事態宣言下に自身の経営する飲食店にて、他のYouTuberとともにあやなんの誕生日パーティーを行っていたことが明らかに。トミーは動画にて謝罪し、活動を自粛。以降、カンタ1人で活動を行っている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/22 12:32
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます