吉村知事 飲食店、12月以降も「1テーブル4人以内」継続すべき

拡大画像を見る

 大阪府の吉村洋文知事が22日、大阪府庁で会見。25日に予定される大阪府新型コロナウイルス対策本部会議で、飲食店における人数制限についてどう検討されるか質問された。

 吉村知事は「いま感染が収まっている状況」としながら、昨年12月から今年1月は「大きな波が起きた」と説明。「感染対策は気を付けなければならないシーズン。忘年会のシーズンにも入ってくる。ワクチンの抗体価も徐々に下がり始めるシーズンに入る」と警戒感を強めた。

 韓国、ヨーロッパでも「抗体価が下がり始めてるエリア、冬が訪れてるエリアはワクチン(接種)が進んでいても波が起きて」いると分析。韓国で重症者が増えていることにも注目しており「何とか重症者の波を押さえていかなければならない」とした上で、人数制限について「『1テーブル4人以内』にお願いするのは継続すべきだと思う」と考えを示した。

 25日の対策本部会議で最終判断をする意向。「12月1日以降もできるだけ感染を抑えながら、社会経済を動かしていく両立を図っていきたい」と続けた。

 一方で「時短や酒類の自粛はできるだけやらないようにしたい」ともコメント。飲食の場で感染が広がる可能性に言及した上で「12月以降も認証店においてはグループの上限まで求めないが、同一テーブルは4人以内でお願いしたい。8人ならテーブルを分けて、できるだけ距離を取って」と求めた。

 非認証店については、感染対策が十分採られていない可能性を指摘。「グループの人数自体を4人以内とすべき。それ(飲食店関連)以外はおおむね(国の)基本的対処方針と同様になる」とした。

関連リンク

  • 11/22 12:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます