嵐・二宮和也「個性とか必要ない」断言!「何やったってキムタク」先輩・木村拓哉も悩んだ“演技論”「ニノ流最終結論」に大反響!!

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也(38)が11月21日放送のラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)で独自の演技論、個性論を展開し、ファンを中心に話題を呼んでいる。

 この日の放送では、演劇部に所属しているリスナーからの「二宮くんが考える個性とは何ですか? 個性は見つけるものですか、作るものですか?」というメッセージを紹介。

 二宮は「難しいですよねぇ、これは半永久的に繰り返される……しかも悩みどころじゃないですか、ガラスの十代のこの時期って」と切り出す。

 続けて、「一長一短ですよね、これね。個性を必要としていない人間なんで、僕は。個性に価値があると思う人とは真っ向勝負するんで」と持論を展開。

 そして「よくドラマとか映画とかやってるときに、キャラクターの性格がああでこうで、みたいな。“おっちょこちょいなんだけど決めるときは決める、そんな魅力的なキャラクターです”みたいな。たとえば、ハタチの役やるときにこのハタチまでの20年間でそんな簡単な感じで言えちゃう性格の人生って面白くないなと思って動いてたい、僕は」と自身の演技への向き合い方についてコメント。

「この人にとってはいい人だけど、この人にとっては悪い人で、この人にとっては尊敬するけど、この人にとってはライバルで、とかっていろんな面があるはずなのに“おっちょこちょいだけど決めるときは決める、そんな魅力的なキャラクターです”って」と、ステレオタイプな“魅力的なキャラクター”について批判的に語り、「だから言えないことが絶対的に深みなわけじゃないですか」と言うと、番組スタッフが「簡単に言葉で言い表すことができないことこそが、その人の味であるという」と補足。

 また、1人の人間にもさまざまな一面があるとしつつ、「共感させておく時期は共感させておいて、あとは裏切るのかちゃんとそのまま王道でいくのか、それはその作品のオチだったり性質だったりとかで決めればいいみたいなものだったりするんで」とし、「あんまり個性とか必要ないんですよ。だから個性がないほうが本当は裏切れるし、そのままもできるし。でも不安ですよね、個性ないとね」と、断言してみせたのだ。

■「二宮くんの美学がぎゅっと詰まってた」

 さらに「“あなたの個性はなんですか?”とか聞かれたりするのかなぁ。なんだろう、俺。人を馬鹿にすることかなぁ(笑)」と苦笑しつつ語り、「でも言い表さないことのほうが魅力的なんですよ」とあらためて語った。

 最後には「だって、(櫻井)翔ちゃんだってさ、見る人から見たらさ、オリンピック何大会もやってるキャスターとして見ている人もいるし、ニュースをやっているキャスターとも言えるだろうし、俳優さんとして感銘を受けている人もいるだろうし」と櫻井翔(39)の名前も出し、「いろんな顔があの人の中に存在するのに、それをさ、“キャスターも俳優も音楽活動もやっています”みたいな。見てる人分あるわけだからね」と、見る人によって、その人の個性も変わってくると結んだ。

 二宮の言葉に、ファンからは「“個性はないほうが裏切れる”“言い表さないほうが魅力的”っていう言葉を、今まで幾千もの言葉で自分の個性を表現されてきたであろう二宮が言ってくれるのがすごいんだよ」「個性は“言い表さない方が魅力的”って 本当に素敵な答えだったなぁ。全ての質問の答えに二宮くんの美学がぎゅっと詰まってた」といったコメントが寄せられている。

 また、「神回ラジオでした ニノちゃんの考え方 根っこから違うから自分の視野が広がる気持ち」「今日のベイストは本当に素晴らしかった。まさに神回だね」「今日のベイストはもう一回ちゃんと聴こう、めちゃくちゃ濃密な神回だ」といった声も上がっている。

「二宮さんはハリウッド映画に出演するなど、俳優として高く評価されています。これまでのドラマや映画での経験から“個性とか必要ない”という演技論にたどり着いたのではないでしょうか。元SMAPの木村拓哉さん(49)も、かつては自身の演技や個性に悩んだことがあると明かしたこともありました」(女性誌ライター)

■木村拓哉は「何やったってキムタク」の悩み吐露過去

 2019年1月の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)では、俳優の勝地涼(35)が仕掛け人となり、木村に「俳優を辞めたい」と相談するというドッキリが放送された。

 勝地が俳優業に「しんどくなってしまって……」と切り出し、「木村さんもしんどいときとかありました?」と質問すると、木村は「しょっちゅうだよ。だって、やることなすこといろいろ叩かれる。それに対しては“そういう意見もあるのか”って思うけど、事実だしね」とコメント。

 続けて勝地が「自分はどの役をやっても普通になる」と語ると、木村も「自分だって言われる。“何やったってキムタクだ”って。しょうがないよね。人がそう言うんだから。でも、それはそれだし」と吐露する場面もあった。

「木村さんも“何やったってキムタク”と言われる自身の演技に悩んだこともあったんでしょうね。ただ、SMAP解散後は以前にも増して俳優としての評価もどんどん高まり、主演映画『マスカレード・ホテル』や『マスカレード・ナイト』は大ヒット。ドラマ『教場』(フジテレビ系)での怖くて渋い演技では、新たな一面を開花させました。

“個性とか必要ない”と断言してみせた二宮さんと木村さんは2018年公開の映画『検察側の罪人』で共演して以降、プライベートでも交流を深めています。演技について話したこともあるかもしれませんね」(前出の女性誌ライター)

 2022年には『TANG タング』と『収容所(ラーゲリ)から来た遺書(仮)』の2本の主演映画の公開が控えている二宮。「個性とか必要ない」という持論から来る二宮の演技は、やはり高く評価されているようだ。

関連リンク

  • 11/22 11:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます