「LINEでの塩対応はどうして?」女性が気になる男性心理を紹介!

拡大画像を見る


話しているとすごく優しくて楽しい男性がいると「もしかして脈アリ!?」なんて思ってしまいますよね。それなのに、せっかくLINEを交換して送ってみたら、既読スルーが当たり前だったり返信が遅かったり、返信が来ても「あぁ」とか「うん」だけの短文だけだと、嫌われたかと不安になるかも知れません。
ですが、仮にLINEが塩対応でも嫌われているとは限らないのです。ではなぜ男性がLINEだと塩対応になることが多いのか、気になる男性心理を紹介していきます。


そもそも絵文字やスタンプがないのが普通

「なんか塩対応のLINEが来た!」と思っても、実際は内容は普通に愛想が良いのに、絵文字やスタンプがないだけで塩対応だと思い込んでしまう女性は多いようです。
しかし、実は男性は絵文字やスタンプを使うことに不慣れな人の方が多いので、それほど心配する必要はありません。文字だけでも楽しそうな様子があれば、塩対応だと誤解しないようにしましょう。


LINEで優しくするのは照れくさい

「普段は優しいことを言ってくれるのにLINEだとめんどくさそう!」と悩む女性もいますが、それも照れ屋な男性ならではです。
男性はLINEやメールのように文字に残る形で優しいことを言うのはどうしても照れくさいため、LINEでは塩対応になってしまうのです。塩対応のLINEの後で話した時、いつも通り優しければ嫌われている心配などは不要でしょう。


LINEくらい気を遣わずに使いたい

自分の部屋などリラックスできるスペースですることが多いLINEでは、会話などとは違い気を遣わず素の自分でいたいと思う男性もいます。
そのため、普段は気遣いながら優しい言葉を言っている人は、ついつい本心を言うため少し塩対応になってしまうこともあるのです。本当の姿を見せてくれていると考えれば、塩対応も少し嬉しく感じられるかもしれませんね。


男性から塩対応された気になっていても男性は無自覚なことも多いかも?

女性は「LINEで塩対応だから嫌われた!」と落ち込んでしまうこともありますが、男性自身は全く気にしていないことも珍しくはありません。LINEの返信の雰囲気だけで男性から好かれているか嫌われているのか決めつけるのは、やめた方が良いかもしれませんね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/22 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます