【京阪杯見どころ】4連勝中の3歳馬レイハリアが人気の中心

拡大画像を見る

 阪神最終レースで行われるスプリント重賞。レイハリアが人気を集めそう。今回も古馬を撃破して重賞3連勝なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/28(日) 京阪杯(3歳上・GIII・阪神芝1200m)

 レイハリア(牝3、美浦・田島俊明厩舎)は未勝利からキーンランドCまで破竹の4連勝。その後は休養に入り今回は3か月ぶりの休み明けとなるが、帰厩後も順調に乗り込まれて状態は良さそう。前走に続いて古馬撃破なるか。鞍上は亀田温心騎手。

 シヴァージ(牡6、栗東・野中賢二厩舎)は1月のシルクロードSで重賞初制覇を飾ると、前走のスプリンターズSでも3着と好走し6歳にして充実一途。前走で前々に攻める好騎乗が光った吉田隼人騎手の継続騎乗で重賞2勝目の期待は十分。

 その他、アイビスサマーDを制して以来となるオールアットワンス(牝3、美浦・中舘英二厩舎)、昨年のスプリンターズS・3着などの実績があるアウィルアウェイ(牝5、栗東・高野友和厩舎)、今年のCBC賞勝ち馬ファストフォース(牡5、栗東・西村真幸厩舎)、今年のフィリーズレビュー以来となる勝ち星を目指すシゲルピンクルビー(牝3、栗東・渡辺薫彦厩舎)なども上位争いの圏内。発走は16時15分。

関連リンク

  • 11/22 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます