千鳥ノブ「1142万円屋根なし車」に霜降り明星・せいや、中条あやみもビビる!「持ってる男」の時計は315万のロレックス!

拡大画像を見る

 いまやテレビで見ない日はない、お笑いコンビ千鳥のノブ(41)。そんなノブの超高級愛車を霜降り明星のせいや(29)が11月18日にインスタグラムで紹介し、反響を呼んでいる。

「せいやは《ノブさんの屋根なし車に乗せてもらいました!東京大成功先輩》と文章を添えてインスタに写真を投稿。この車は、番組『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)の企画で購入した高級外車・メルセデス ベンツのオープンカー。左ハンドル仕様で価格は驚きの1142万円です。『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)でノブと共演している中条あやみ(24)も、《噂のオープンカー》と今回の投稿に反応していました」(女性誌記者)

 19年1月に行われたアクション映画『TAXiダイヤモンド・ミッション』のイベントでノブはこの愛車について、

「本来はファミリーカーを探しに行こうって言っていたんですけど、大悟が『これ最高』って言って、僕もいいなと思って(買ってしまった)」

「嫁からは『なんでなん?』と8回連続で言われました。納車されて、息子はうしろの席でギュってなって乗っている。いい車ですから、テンション上がっているんですけど、テレビで色とか車種も特定されているので、この間表参道通ったら、指さされて笑われました」

 と、語っていた。ちなみにこのベンツの衝動買いは煽った大悟(41)でさえ「絶対あっち(安い車)から始めるべき」と素で正論を吐いてしまったほか、本当に妻にキツく叱られてしまったらしく、同年4月に放送した『テレビ千鳥』の買い物企画第二弾では、「理想のソファ」が許可が下りず、買えなかったという。

■意外と衝動買いしがち

「このときは、約400万円の『B&B ITALIA』のソファ『Atoll』を買おうとしましたが、“絶対ダメ”と8回くらい言われてしまい、代わりに奥さんからのリクエストでソファの前に置く足置き“オットマン”を約20万円で買いました。しかし、色合いがからし色だったため“デッカイ声で『なんでからしなん!』って言ってた。オットマンは100歩譲るけどなんでからしなん!って”と、やはり怒られてしまたそうです(笑)」(前出の女性誌記者)

 千鳥といえば大悟が破天荒で金遣いが荒いキャラクターで知られているが、ノブもベンツのように衝動買いすることがまれにある。

 ノブは19年9月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で給料全額を妻に預け、使いたいときだけ貰うという堅実な性格だが、昨年2月放送の『テレビ千鳥』で即席花言葉をつけるゲームをした際には「死んだときに貯金があっても意味がない」と、大悟に「ガマンして金を貯めてるけど、『遊びたい』と思っている」と隠れた本音を指摘されたこともある。

「最たる例が、ロレックス衝動買い事件です。ノブはおよそ200万円する高級腕時計『ロレックス』をしていますが、これは衝動買いしてしまったものだ、と19年4月の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でTKOの木下隆行(49)が明かしています」(前同)

 木下によると、ノブは唐突に急に「ロレックスって何時までやっていますかね」「行こう!!」と店舗に突撃し、「普通はどんなモデルがいいとかあるのに(ノブは何も下調べせずに)『コレ、ください』って。値段を見たら200万円だった」ということだった。

■値段は明かしていないが集めているグッズも

「また、19年12月にWEBメディア『メルカリマガジン』のインタビューで明かしていることですが、幼少期のノブはお小遣いも貰えず、おもちゃも誕生日とクリスマスの時期が近いせいで“プレゼントは年に1個しかもらえなかった”といいます。

 その結果、当時おまけのシールだけ抜いて、お菓子を捨てるのが社会問題になるくらい大流行していた『ビックリマンチョコ』が買えず、シールが1枚も持てなかった。その反動が、思わぬ形で表れたことがあります」(専門誌記者)

 13年にももいろクローバーZとビックリマンチョコがコラボした「ももクロマンチョコ」が発売されたが、コンビニをはしごして、一晩で全22種類コンプリートをしたという。

「“集めているときが一番楽しい”ということで、あまり公開はしていませんが、バットマンのグッズ収集もしているといいます。ロレックスにしても、いつの間にか約315万円の『コスモグラフデイトナ』にアップグレードしていたし、大っぴらにしないだけで意外と使う時は潔く使うタイプなのではないでしょうか」(前同)

 また、社交的なノブはお笑い以外の業界とも交流の機会が多いこともあり、とんでもない値が付くこと間違いなしの非売品アイテムを所持しているという。

「ノブは競馬が趣味ですが、今年も年間GI3勝目を勝ち取る活躍を見せている福永祐一ジョッキー(44)の“GIで使ったサイン入りのムチ”を、後輩がプレゼントしてくれた、と6月24日放送の『ぐるナイ』で明かしています。

 さらに、卓球好きなことから、東京五輪の卓球・男女混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手(32)にラケットをプレゼントしてくれたことを11月18日にインスタグラムで嬉々として報告していましたね」(前同)

 華麗な交流とカネづかいを誇るノブ。妻の頭の痛い日々はまだ続いてしまうのかもしれないーー。

関連リンク

  • 11/22 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます