レアル・マドリードが3連勝! ヴィニシウス弾など4発、10人のグラナダに快勝

拡大画像を見る

 ラ・リーガ第14節が21日に行われ、グラナダとレアル・マドリードが対戦した。

 レアル・マドリードは19分に先制する。敵陣ハーフウェーライン付近でヴィニシウス・ジュニオールが相手からボールを奪い、セカンドボールを回収したカリム・ベンゼマは素早く右のマルコ・アセンシオに展開。アセンシオはドリブルでペナルティエリア内まで運ぶと、最後は相手GKとの一対一を制して右足でゴール左下に流し込んだ。

 25分、レアル・マドリードがリードを広げる。左コーナーキックを獲得すると、トニ・クロースはルカ・モドリッチへのショートコーナーを選択。ペナルティエリア左でリターンパスを受け取ったクロースがグラウンダーで折り返と、ニアのナチョ・フェルナンデスが右足ダイレクトで合わせて押し込んだ。

 レアル・マドリードは31分に絶好機を迎える。コーナーキックの守備からカウンターを展開し、左に流れたベンゼマはグラウンダーでゴール前に折り返す。ペナルティエリア右でアセンシオが合わせたシュートは枠を捉えていたが、カバーに入った相手DFにゴールライン上でクリアされて得点とはならない。

 34分、グラナダが1点を返す。敵陣でのボール奪取から速攻に転じ、ルイス・スアレスがペナルティエリア手前から左足一閃。シュートは相手DFナチョに当たってコースが変わり、ゴール左下に吸い込まれた。

 1点のリードで折り返したレアル・マドリードは、56分に再び点差を広げる。カゼミーロのスルーパスから抜け出したベンゼマは、右サイドからペナルティエリア中央まで運び、ペナルティエリア左へサポートに回ったルカ・モドリッチに託す。モドリッチは右足アウトサイドを使ってゴール前に落とし、ヴィニシウスがこれを流し込んだ。ヴィニシウスは今季公式戦10点目に到達した。

 67分、グラナダに退場者が出る。ヴィニシウスへの危険なスライディングタックルでモンチュに一発レッドカードが提示された。さらに、判定に抗議したグラナダのロベルト・モレーノ監督にもレッドカードが提示される。

 76分、レアル・マドリードがさらにリードを広げる。カゼミーロが敵陣中央から絶妙のスルーパスを供給し、左から相手の背後をとったフェルランド・メンディが受け取る。メンディは相手GKとの一対一を制して、右足でネットを揺らした。メンディは今季公式戦初得点を記録した。決定的な1点を得たレアル・マドリードは次戦を見据え、ベンゼマやモドリッチ、クロース、アラバら主力を次々とベンチに下げていく。

 終盤はグラナダもレアル・マドリードのゴールに迫る場面を迎えるが、ティボー・クルトワのセーブも光り、レアル・マドリードが3点を守り切ったまま試合は終了した。レアル・マドリードは3連勝で5戦無敗、グラナダは2連敗となった。

 グラナダは次節、26日にアスレティック・ビルバオと対戦する。レアル・マドリードは24日にチャンピオンズリーグでシェリフ・ティラスポリ(モルドバ)と対戦し、28日のリーグ戦ではセビージャと対戦する。

【スコア】
グラナダ 1-4 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 19分 マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)
0-2 25分 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
1-2 34分 ルイス・スアレス(グラナダ)
1-3 56分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
1-4 76分 フェルランド・メンディ(レアル・マドリード)

関連リンク

  • 11/22 2:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます