乃木坂46齋藤飛鳥が謝罪“高山一実との1番の思い出”告白でまさかの展開 生田絵梨花「私には何で…」<「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」>

【モデルプレス=2021/11/22】乃木坂46が21日、「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」を東京ドームにて開催。同公演をもってグループとしての活動を終了する、1期生メンバーである高山一実のラストステージとなった同公演では、同期である齋藤飛鳥が高山との思い出を語った。

◆齋藤飛鳥、高山一実との1番の思い出語る

MCコーナーでの高山との思い出を語る場面にて、樋口日奈から話を振られた齋藤は「大切な1番の思い出を…。お涙ちょうだいかもしれないけど」と盛大に前置きしつつ「1番の思い出はずー(高山)との約束をドタキャンしたことです」とお茶目に告白。

「あ~!」とツッコミが飛ぶ中、高山と生田絵梨花とともに天丼を食べに行く予定を立てていたにもかかわらず、直前に齋藤が断ってしまったというエピソードが明らかに。生田は「ちょっとあす、私には何で謝んないの!」と冗談を交えて怒って見せた。

改めての約束を高山と齋藤が取り付けようとすると、生田がすかさず「2人で行かないでね?」と念押し。最終的には樋口が「あとで、メールでお願いします」と3人にツッコみ、1期生ならではの仲睦まじげなやり取りを繰り広げた。

トークの最後には、高山が「皆さんもご飯行きましょうね!」と客席のファンに呼びかけ。会場からは多くの反応が上がったが、齋藤が「気を付けてよ(笑)!明日からも。変な人のところ行かないでよ(笑)!」と高山の天然っぷりに鋭くツッコみ、会場の笑いを誘っていた。

◆乃木坂46、約4年ぶり東京ドーム公演

同公演は結成10周年となったグループにとっての記念となるライブ。9月8日~9日に予定されていたツアー・ファイナルが新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため延期となっての開催。東京ドームでの開催は「真夏の全国ツアー 2017 FINAL!」以来、約4年ぶりとなった。

また、1日目となった20日には「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」を2022年5月14日、15日の2日間に渡り日産スタジアムにて開催することがサプライズで発表された。(modelpress編集部)

◆「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」セットリスト

影アナウンス:樋口日奈、伊藤理々杏、山下美月

Overture

1.ごめんねFingers crossed(センター:遠藤さくら)
2.ジコチューで行こう!(センター:齋藤飛鳥)
3.太陽ノック(センター:生田絵梨花)
4.おいでシャンプー(センター:山下美月)
5.シンクロニシティ(センター:梅澤美波)

<MC>
<VTR>

6.ファンタスティック3色パン(センター:齋藤飛鳥)
7.せっかちなかたつむり(センター:高山一実)
8.錆びたコンパス(センター:山崎怜奈)
9.ひと夏の長さより…(センター:秋元真夏、賀喜遥香)
10.ありがちな恋愛(センター:齋藤飛鳥、山下美月)

<DANCE INST>

11.日常(センター:北野日奈子)
12.裸足でSummer(センター:齋藤飛鳥)
13.全部 夢のまま(センター:与田祐希)

<MC>
<VTR>

14.I see…(センター:賀喜遥香/4期生)
15.トキトキメキメキ(センター:岩本蓮加/3期生)
16.アナスターシャ(センター:北野日奈子、新内眞衣/2期生)
17.失いたくないから(センター:高山一実/1期生)

<VTR>

18.Route 246(センター:齋藤飛鳥)
19.僕は僕を好きになる(センター:山下美月)
20.インフルエンサー(センター:山下美月、与田祐希)

<VTR>

21.きっかけ
22.Sing Out!(センター:齋藤飛鳥)
23.夏のFree&Easy(センター:与田祐希)
24.ガールズルール(センター:山下美月)
25.君に叱られた(センター:賀喜遥香)

<MC>

26.他人のそら似

<VTR>

EN1.私の色

<MC>

EN2.サヨナラの意味(センター:高山一実)
EN3.偶然を言い訳にして(センター:高山一実)
EN4.君の名は希望(センター:高山一実)

<MC>

EN5.泣いたっていいじゃないか(センター:高山一実)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/22 0:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます