乃木坂・高山一実ラストステージ完全燃焼「これからの人生も頑張っていけそうです」

拡大画像を見る

 乃木坂46が21日、東京ドームで「真夏の全国ツアー2021」の最終公演を行い、1期生の高山一実(27)が同公演をもってグループを卒業した。全28曲で選抜入りし、ムードメーカーとしてグループを支えてきた大黒柱。10年間のアイドル活動に区切りをつけた。

 新型コロナウイルスの影響で当初から約2カ月遅れでの節目の舞台。キャパシティーの50%収容と超満員とはいかなかったが、約3時間のステージで完全燃焼した。「10年間、本当にありがとうございました。本当に幸せでした」。ゴンドラや気球から手を振り、ファンに別れを告げた。

 最後はカップリング曲での自身初センターの「泣いたっていいじゃないか」で締めくくった高山。卒業後も芸能活動を続ける予定。これまで2作の著書を発表するなど、アイドル業と執筆業の二刀流で才能を発揮してきた27歳は「今日の景色を思い出して、これからの人生も頑張っていけそうです」と、前を向いていた。

関連リンク

  • 11/21 23:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます