乃木坂46「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」大盛況で幕、高山一実 “有終の花道”

拡大画像を見る

乃木坂46が「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」@東京ドーム(2021年11月20日~21日)を開催、また高山一実が10年間歩んできたアイドルに終止符を打った。


乃木坂46は「真夏の全国ツアー2021」を約2年振りに開催。今年の7月~8月にかけて地方開催を行い、当初は9月8日~9日にツアー・ファイナルとして東京ドーム公演を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、11月20日~21日へと延期となり、高山一実の卒業も延期となった。


自身の東京ドーム公演は、「真夏の全国ツアー2017 FAINAL!」以来約4年振りとなる。

今回の「真夏の全国ツアー2021」は、表題曲 / アンダー曲 / ユニット&ソロ曲 / C/W曲と4つのカテゴリーに分け、事前にファンからのリクエスト投票を実施。それぞれ上位TOP10に入った楽曲を中心にセットリストが構築されたそうだ。


オープニングナンバーを飾ったのは、遠藤さくら(4期生)がセンターを飾り、今年リリースした乃木坂46のシングルの中で最も売れた楽曲『ごめんねFingers crossed』。序盤は表題曲で構成され、冒頭からライブに勢いをつけた。


その後中盤では、ファンの人気投票で上位に入ったユニット曲・アンダー曲・C/W曲を立て続けに披露し、特にコアファンにはたまらないセットリストを展開。


そして終盤では、小室哲哉が作曲に携わり話題を呼んだ『Route 246』からスタート。

『インフルエンサー』『ガールズルール』そして最新シングル『君に叱られた』まで、乃木坂46の代表曲がズラリと並び、本編ラストはグループ10周年記念曲として『君に叱られた』のC/W曲『他人のそら似』で締め括った。この『他人のそら似』は、全メンバーが参加し、ダンスが1stシングル『ぐるぐるカーテン』から27thシングル『ごめんねFingers crossed』までの表題曲で、特徴あるダンスが全て組み込まれているという話題の1曲だ。


そして本編が終わりアンコールへ。アンコール1曲目は、『君に叱られた』C/W曲で、高山一実初のソロ曲『私の色』を初披露。そして最後の楽曲は、高山一実が初めてセンターを務めた楽曲『泣いたっていいじゃないか?』で東京ドームに集ったファンの声援の中、大盛況に終了した。


高山一実は明るいキャラクターで、ファンやメンバーから愛されていただけに、卒業は惜しいの一言に尽きるが、今年は5期生オーディションも開催され、新しい顔ぶれとなるメンバーが加わることになる乃木坂46。


昨日の初日公演では、2022年5月14日(土)~15日(日)に、日本最大級となる日産スタジアムで「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」が開催される事もサプライズ発表されたばかりで、乃木坂46の勢いは留まる事を知らない、まさに日本のモンスター・アイドルグループへと成長し、まだまだ進化の歩みを止めない。

関連リンク

  • 11/22 0:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます