手取り15万円「毎月奨学金が払えるかどうかひやひや。足りなければキャッシング」 20代女性のギリギリ東京生活

拡大画像を見る

キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」を対象にアンケートを実施。読者からは切実な声が多数寄せられている。東京都でアパート暮らしをする20代前半の未婚女性(マスコミ系/正社員)は、月の手取りが15万1000円。年収およそ 250万円だという。女性は、

「毎月奨学金が払えるかどうかひやひやしている。足りなければキャッシングして奨学金を返済することもある」

と語る。奨学金といえば学生ローンとも呼ばれる借金だが、それをまたキャッシングという借金で返すという笑えない状況だ。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下」の方にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

「アパートの更新料を払うため、もやし生活」


女性はギリギリの暮らしぶりを次のように明かしている。

「少しコンビニに行く回数が増えただけでも家計が火の車になる。約3か月後にアパートの更新料7万5000円の支払いがあるが、貯金などあるわけもないのでもやし生活を始めた。食費の差額約1万5000円/月を貯めて、少しでも借金せず更新料が払えるようにしている」

食事も満足に取れず借金を重ねるようでは、収入と住居費のバランスが悪すぎると言えそうだ。しかし東京での暮らしは続けたいのだろう。趣味や将来については、こう書いている。

「楽器の演奏が趣味だが、レッスンや楽譜など、経済的な理由で諦めなければいけないことが多く悔しい。 このままでは将来も何も見えないままだと思い転職活動中」

関連リンク

  • 11/21 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます