「言いたい事がまとまらない!」男性必見な“自分の気持ちを言語化”するコツ

言いたいことがまとまらず、うまく伝えられないと仕事でも苦労しますよね。
上司や同僚から「何が言いたいの?」と言われて、思わず無言になってしまうこともあるかもしれません。

そこで、男性必見!自分の気持ちを言語化するコツについて見ていきましょう。

(1)さまざまな経験をして情報を蓄える



言語化するためには本を読んだり、人と話したりしてさまざまな情報を得ることが大切です。
数多くの情報を得ることで、表現に幅ができ言語化しやすくなるのだとか。

本を読んだり人と話したりしたときに、自分はどう感じるか考えてみるようにしましょう。

(2)感じたことを書き出してまとめる習慣を



今見ているドラマの感想でもいいので、まずは感じたことを紙に書き出してみましょう。
初めはなかなか書き出せず、数文字だけになっても気にしなくてOK。

ふとわいた感情も、誰に気を遣うでもなく書き出すようにして、感じたことをまとめる習慣をつけましょう。
紙に書き出すうちに、頭の中がスッキリしていくのを感じるはずです。

(3)ブログを書いてみる



本を読んだり人から話を聞いたりして、さまざまな情報を知ったら、ブログを書いてみるのもオススメです。
知った情報や自分が感じたことを、文字でどんどんアウトプットしていくのです。

写真を使うなどして、分かりやすく伝える練習をしてみるのもいいでしょう。
「いいね」されるなどの反応があれば、言語化する自信がついてくるかもしれません。

(4)自分の考えを話しやすい人に説明しよう



自分の考えていることを誰かに説明してみることも大切です。
説明するのは、あなたの意見を否定しない相手にしましょう。

気心知れた家族や友達に説明することから始めてみてください。
いきなり仕事関係の人に説明するとなると、言葉を選びすぎて言語化しにくいかもしれません。


自分の気持ちを言語化し、きちんと相手に伝えられるようになりましょう。
そうすれば「何が言いたいの?」と聞かれなくなり、会話の進行がスムーズになるはずです。

伝えたいことが伝えられるようになれば、晴れやかな気持ちになれるでしょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/21 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます