藤原季節&金子大地ら最優秀新進男優賞受賞「こんなに頭が真っ白になるとは…」

拡大画像を見る

映画ファンの祭典「第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM」内にて「第13回TAMA映画賞授賞式」が11月21日(日)、府中の森芸術劇場 どりーむホールにて行われ、本年度、最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰される「最優秀作品賞」に『ドライブ・マイ・カー』と『あのこは貴族』が選出され、監督とキャストが感激の声を寄せた。

「TAMA映画賞」は2009年にスタートし、前年10月から当年9月に一般劇場で公開される作品及び監督・キャスト・スタッフを対象に、市民ボランティアの実行委員が選考。「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する映画賞。

『ドライブ・マイ・カー』は濱口竜介監督による1作。多言語の交錯する舞台劇と、喪失感を抱える人々の再生の物語。場内では、スケジュールの都合で出席できなかった濱口監督からのビデオメッセージが上映され、「スタッフ、キャスト一丸となって作った作品ですが、役者さんを見ていただきたいです。役者さん、それぞれ輝きを放っていると自信を持って言える作品になっています。本当にありがとうございます」と熱いコメントを寄せていた。

同賞を受賞した『あのこは貴族』は、違う階層を生きるふたりの女性が、自らの手で人生を切り開いていくストーリーで、生きづらさを抱える人々の心を解放へと導いた。岨手由貴子監督は「ジェンダーの問題や東京と地方の格差の問題、いろいろなテーマが描かれてはいます。けど女性に向けた映画とは思っていなくて、ある世代の若者たちの青春譚と思って描いています。公開後に年齢問わず、男性にも響いたという声をたくさんいただけました」と明るい声で報告。

そして、本年度最も飛躍した女優/俳優、もしくは顕著な活躍をした新人女優/俳優を表彰する最優秀新進女優賞ならびに最優秀新進男優賞は、三浦透子(『ドライブ・マイ・カー』『椿の庭』『おらおらでひとりいぐも』『アイヌモシリ』)、伊藤万理華(『サマーフィルムにのって』『息をするように』)、藤原季節(『のさりの島』『佐々木、イン、マイマイン』『空白』『くれなずめ』『明日の食卓』)、金子大地(『サマーフィルムにのって』『猿楽町で会いましょう』『先生、私の隣に座っていただけませんか?』ほか)の4名が受賞。

『のさりの島』で犯罪に加担しながらも、やさしさをにじませる青年を演じた藤原さんは、「『のさり』とは幸運も不運も天からのめぐりである、と考える熊本地方の方言です。映画賞をいただけたことも、関わった人たちに出会えたことも『のさり』です」と、作品に並々ならぬ思いを寄せた。映画賞受賞自体が初めてと緊張気味な表情で登壇した金子さんは、「こんなに頭が真っ白になるとは思わなかったです…」と舞台上ではにかみながらも「素晴らしいキャスト、スタッフのおかげでこの賞をいただけたと思います。巡り合わせ、応援を大切に自分も貪欲に頑張りたいです」と今後の抱負を語っていた。

『サマーフィルムにのって』で金子さんと共演した伊藤さんは、今後、取り組みたい役柄について「歳のふり幅が大きい役」と挙げた。「今25歳ですが、年齢や見た目に捉われず、小学生からおばあちゃんまで演じられるようなことができたら、と思います」と、伊藤さんは役者としてのさらなる成長を感じさせた。一方、三浦さんからは、「仕事を始めて約20年、関わることができた作品のひとつひとつが、今ここに私は導いてくれていると思っています。出会ってくださったすべての皆さんに感謝申し上げます」という真摯なビデオメッセージが届いた。

そのほか、「最優秀新進監督賞」には藤元明緒監督、松本壮史監督、映画ファンを魅了した事象に対し表彰する「特別賞」には土井裕泰監督・坂元裕二、及びスタッフ・キャスト一同、横浜聡子監督、及びスタッフ・キャスト一同が受賞した。



(cinamacafe.net)

関連リンク

  • 11/21 20:25
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます